北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧麻雀文化教室講師の青木さん 全日本大会優勝

全国大会での快挙を喜ぶ(左から)阿部さん、青木さんと中代表

 苫小牧麻雀文化教室(苫小牧市音羽町)所属のマージャン講師、青木孝之さん(77)が、11月26日に東京で開かれた第32回全日本麻雀競技大会(全国麻雀段位審査会主催)で優勝を果たした。同大会に出場した同教室生徒の阿部やす子さん(68)も女性参加者のうち最高得点のトップレディー賞に輝いた。苫小牧からのダブル快挙に、関係者からも喜びの声が上がっている。  同大会は、1回50分の半荘(ハンチャン)戦で、1回ごとに卓のメンバーを変えて行い、4回戦目までの総合得点で順位を決める。全国の予選通過者や競技団体から推薦を受けた228人の強豪が参加し、熱い戦いを繰り広げた。  青木さんは全国麻雀段位審査会認定の7段で、11月12日に札幌で開かれた第26回北海道知事賞争奪道民麻雀選手権(道麻雀業組合連合会主催)で優勝し、北海道代表として全国出場を決めた。全国大会では、1回戦目は卓に上段者もおり、せめぎ合いの中で22点を獲得。「場の雰囲気にのまれないよう冷静な試合を意識した」と慎重な姿勢を貫き、3戦目までに109・2点と高得点を記録し、暫定2位に。最終戦では惜しくも得点にマイナスが生じたものの、総合得点で優勝となった。青木さんは「得点が100点を超えたとき、上位入賞できると確信して勝負に打ち込んだ。優勝したいと明言していたので、有言実行になり良かった」と喜びをかみしめている。  阿部さんは4段で、全国大会には日本麻雀団体戦競技会の代表選手として出場。一度も得点をマイナスにすることなく自分のマージャンを打ち、総得点75・3点で総合10位に食い込んだ。「1回戦目は緊張して手が震えた。ビギナーズラックのようなもの」と謙虚にほほ笑む。  全国大会での生徒の快挙に、同教室の中庸雄代表は「教室からチャンピオンと入賞者が出てとてもうれしい。勝つには日ごろの練習と運をうまく利用する力が必要だが、二人ならできると思っていた」と喜んでいた。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...