北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

老舗の味継承します 澄川町に後継店「三代目鳥よし」【苫小牧】

伝統を引き継いだ三代目鳥よしのラーメン

 地域住民らに惜しまれながら11月末で閉店した苫小牧市勇払の老舗ラーメン店「鳥よし」の味を忠実に受け継いだ新店舗「三代目鳥よし」が1日、市内澄川町にオープンした。伝統の味を引き続き味わえると、旧店舗の常連客らも喜んでいる。  鳥よしは1953年ごろ成田義雄さん(故人)が開業。独特のうま味のある白いスープが特徴でチャーシューとメンマ、ネギの載ったシンプルなラーメンは多くの人をとりこにし行列ができる店としても知られていた。  義雄さんが亡くなった後も家族が店を引き継いで味を守ってきたが、店主が高齢のため体力の限界を感じてのれんを下ろすことになった。  開業時から麺を卸していた市内有明町の製麺業、苫食(曽賀剛社長)では社員一同が閉店を惜しみ、伝統の味を守る方法を模索。鳥よしの理解と同社の協力を得て、その味を忠実に受け継ぎ、新店舗オープンを目指すことになった。  麺販売の営業を担当していた男性社員が今年9月から10月にかけて、鳥よしで”ラーメン修業”。スープの取り方、チャーシューの作り方、メンマの炊き方などを教わった。男性社員は新店舗「三代目鳥よし」に出向という形で赴き、調理に携わることになった。  三代目鳥よしは11月28日、関係者を集めてプレオープン。来店した市内北光町の男性会社員(68)は「前の店にもよく通っていたが、あの味が引き継がれてうれしい。とてもおいしい」と笑顔。曽賀社長(69)は「高齢で閉店してしまう食堂やラーメン店が多くて寂しく思っていた。どんな形であれ、名店が残ってくれてありがたい」と話した。  三代目鳥よしは、苫小牧市澄川町2の1の10。営業時間は午前11時~午後2時と午後5時~午後8時。定休日は木曜日。ラーメンは1杯税込み680円より。電話0144(56)5229。

関連記事

苫小牧民報

むかわ竜のレプリカ作り進む 恐竜博で展示目指す

 恐竜骨格の復元や組み立ての専門会社「ゴビサポートジャパン」(群馬県神流町)のむかわ町穂別地区の工房で、国内最大の恐竜全身骨格化石「むかわ竜」のレプリカ作りが進められている。22日に見学会が開か...

苫小牧民報

赤いサイロ人気沸騰、カーリング女子選手「もぐもぐタイム」で話題-新千歳

 北見市で創業83年の老舗「清月」の銘菓「赤いサイロ」(5個入り、税込み840円)の人気が新千歳空港の土産店で沸騰している。今夜、韓国平昌冬季五輪カーリング競技3位決定戦にすべての力を尽くす女子...

十勝毎日新聞

金粉巻きで高木姉妹祝福 杉山店主、凱旋心待ち【幕別】

 平昌五輪スピードスケート団体追い抜きで金メダルを獲得した高木菜那選手(25)と妹の美帆選手(23)の活躍に沸く地元幕別町で、姉妹行きつけのすし店「竹葉寿司」(札内中央町)の杉山雪男店主(72...

十勝毎日新聞

トマム駅で貨物一時脱線 特急は終日運休 札幌-帯広【上川管内占冠村】

 24日午前3時55分ごろ、占冠村内のJR石勝線トマム駅構内で、列車の進路を切り替えるポイントの破損が見つかった。JR北海道が該当箇所を通過した貨物列車を調べたところ、貨車の車輪に傷が確認され...

十勝毎日新聞

「TPP復帰 本心ではない」 本紙・WSJ提携でランダース氏講演【帯広】

 十勝毎日新聞社と米国の日刊経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」の提携を記念した講演会が23日、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。WSJ東京支局長のピーター・ランダース氏らが、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス