北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

老舗の味継承します 澄川町に後継店「三代目鳥よし」【苫小牧】

伝統を引き継いだ三代目鳥よしのラーメン

 地域住民らに惜しまれながら11月末で閉店した苫小牧市勇払の老舗ラーメン店「鳥よし」の味を忠実に受け継いだ新店舗「三代目鳥よし」が1日、市内澄川町にオープンした。伝統の味を引き続き味わえると、旧店舗の常連客らも喜んでいる。  鳥よしは1953年ごろ成田義雄さん(故人)が開業。独特のうま味のある白いスープが特徴でチャーシューとメンマ、ネギの載ったシンプルなラーメンは多くの人をとりこにし行列ができる店としても知られていた。  義雄さんが亡くなった後も家族が店を引き継いで味を守ってきたが、店主が高齢のため体力の限界を感じてのれんを下ろすことになった。  開業時から麺を卸していた市内有明町の製麺業、苫食(曽賀剛社長)では社員一同が閉店を惜しみ、伝統の味を守る方法を模索。鳥よしの理解と同社の協力を得て、その味を忠実に受け継ぎ、新店舗オープンを目指すことになった。  麺販売の営業を担当していた男性社員が今年9月から10月にかけて、鳥よしで”ラーメン修業”。スープの取り方、チャーシューの作り方、メンマの炊き方などを教わった。男性社員は新店舗「三代目鳥よし」に出向という形で赴き、調理に携わることになった。  三代目鳥よしは11月28日、関係者を集めてプレオープン。来店した市内北光町の男性会社員(68)は「前の店にもよく通っていたが、あの味が引き継がれてうれしい。とてもおいしい」と笑顔。曽賀社長(69)は「高齢で閉店してしまう食堂やラーメン店が多くて寂しく思っていた。どんな形であれ、名店が残ってくれてありがたい」と話した。  三代目鳥よしは、苫小牧市澄川町2の1の10。営業時間は午前11時~午後2時と午後5時~午後8時。定休日は木曜日。ラーメンは1杯税込み680円より。電話0144(56)5229。

関連記事

日高報知新聞

看護の道へ第一歩【浦河】

 浦河赤十字看護専門学校(武岡哲良学校長)=浦河町東町ちのみ1=の第29回戴帽式が19日、浦河赤十字病院4階体育館で行われ、厳かな雰囲気の中、今春入学した1年生男女27人が看護の道への第一歩を踏み出...

日高報知新聞

イオン静内店営業再開【新ひだか】

【新ひだか】9月6日の胆振東部地震で店舗の損壊被害に遭い、臨時休業していた静内末広町2のイオン静内店(横山秀雄店長)が20日、45日ぶりに営業を再開した。再開を心待ちにしていた来店客で終日にぎわった。 ...

苫小牧民報

実と花が同時に 駅北広場の梨の木に珍現象-白老

 白老町のJR白老駅北側にある駅北広場内の梨の木が、実を付けると同時に小さな白い花を咲かせている。不思議な現象に地域住民も驚きの表情で眺めており、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構果...

室蘭民報

輪西八条アトリエのものづくりイベント好評【室蘭】

 ボルト人形ボルタを生み出したNPO法人テツプロ(塩澤尚志理事長)は21日、室蘭市輪西町の輪西八条アトリエでものづくりをテーマにしたイベントを開いた。訪れた親子連れが椅子や銅板バッジなどの手作り...

室蘭民報

ホッキ2千袋が完売、漁港イベントにぎわう【苫小牧】

 漁獲量日本一の特産品・ホッキ貝をPRするイベント「第8回苫小牧漁港ホッキまつり」が21日、苫小牧港西港漁港区で開かれた。青空が広がる絶好のイベント日和に、市内外から多くの家族連れや買い物客が詰...