北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「基礎をしっかりと」

 北海道日本ハムファイターズ新ひだか後援会(折手裕一会長)主催の野球教室が11月29日、新ひだか町の静内体育館で開かれ、町内3野球少年団の小学生がファイターズの中島卓也選手(26)と芝草宇宙スカウト(48)から上達に必要な野球の基本を学んだ。  平成22年に発足した新ひだか後援会は、プロ野球選手を夢見る子どもたちとファイターズの選手らがふれあう野球教室を毎年この時期に開催している。  今回は正遊撃手で、27年に盗塁王とベストナインを獲得した中島選手と現役時代に通算46勝17セーブを上げた芝草スカウトが来町。  この日は三石リトル野球協会、静内ホワイト☆スターズ、みゆきフェニックスの3球団から約70人が参加した。  教室はキャッチボールから始まり、子どもたちの様子を見て回った中島選手は「キャッチボールで大切なことは相手への思いやり。レベルが高くてびっくりしたので、一生懸命練習してほしい」と激励。  続いて、1塁ベースを踏む場所やオーバーランなどの走塁練習を行い、ノック形式の守備練習では中島選手が「動きながら待つことを意識するとボールに反応しやすくなる」、「地道な守備練習はバッティングにも生きてくるので、基礎をしっかりと」などと話した。  最後の打撃練習では、自ら素振りを披露して「毎日10スイングだけでも良いので、相手投手が投げるところをイメージしてみて」とアドバイスするなど、子どもたちは一流のプロ野球選手の言葉に聞き入り、一挙手一投足に憧れのまなざしで見入っていた。  三石リトル野球協会の橋本聖直君(三石小6年)は「バッティングでしっかりタイミングをとってスイングすることが大事だと教わりました」と話していた。  この夜、静内エクリプスホテルで新ひだか後援会の納会が開かれ、中島選手と芝草スカウトも出席して後援会関係者やファンとふれあった。

関連記事

函館新聞

附属小2年小笠原君、7歳で英検2級合格【函館】

 道教育大附属函館小学校2年の小笠原煌(こう)君(7)が、高校卒業程度の力が求められる日本英語能力検定(英検)の2級に合格した。煌君は「うれしくて感動した」と会心の笑みを浮かべている。  煌君...

函館新聞

記録的大雪で明暗分かれる【函館】

 12月に入り、函館は思わぬ大雪に見舞われている。12日には1日に降った雪の量が37センチと、12月としては過去3番目を記録。例年より早い冬入りに道路の除雪が追いつかず、市民からは不満の声も出て...

室蘭民報

伊達高放送局が高文連コンのラジオ番組部門で全道1位【伊達】

 伊達高校放送局(大西萌局長、7人)が北海道高校文化連盟第40回放送コンテスト(11月16、17日・函館市)のラジオ番組部門で1位に輝いた。室蘭イタンキ浜鳴り砂を守る会(菊地富子会長)の活動を...

日高報知新聞

特産物PRや観光振興など 町長に6項目の提言書

【平取】平取中学校の生徒が11日、役場町長室で川上満町長に魅力的な町づくり向けた提言を行った。  来庁したのは生徒会長の原田隼君(2年)、副会長の石浦郁美さん(同)、岡田浩暉君(1年)の3人と小...

日高報知新聞

酒井氏が4期目出馬表明 来年4月の新ひだか町長選

【新ひだか】任期満了に伴う来年4月10日告示、同15日投開票の町長選挙に向け、現職の酒井芳秀氏(73)が4期目の出馬を表明した。12日開会の町議会定例会で、畑端憲行氏の一般質問に答えた。  酒井氏は「...