北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

湯けむりたっぷり、サル山温泉始まる【函館】

 。

毛繕いをしたり、体を寄せ合いながら温泉に入るニホンザルたち

函館市熱帯植物園(湯川町3、笠井佳代子園長)は1日、恒例のサル山温泉を始めた。この日の函館市内は気温が上がらず2日連続の真冬日となり、初日としては例年以上に白い湯気が立ち上った。来園者は約80匹のサルたちが湯船でゆったりと体を温める姿を楽しんでいる。

 湯の川温泉の源泉を利用し、温度は40度ほど。気温が下がった日ほど湯船に入るサルが多いという。降雪の多い日には帽子をかぶったように頭に雪を積もらせたまま、温泉に入るサルの姿も見られるといい、シャッターチャンスを待つ写真愛好者も訪れる。

 サル山では、2015年に最長老の「ばあちゃん」が死去した後、サルたちの間で一目置かれれる存在がいないとされてきたが、中堅どころの雄ザルが周囲にアピールをする姿がみられるという。笠井園長は「今後どうなっていくのか、観察を続けたい。めんこい顔に癒やされるだけではなく、サルたちの様子にも興味を持って見てもらえたら」と話している。

 入園料は一般300円、小中学生100円。午前9時半から午後4時半まで。29日~来年1月1日は休園。温泉は5月6日まで予定している。問い合わせは同園(0138・57・7833)へ

関連記事

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...

函館新聞

カボチャランタンに花火 紅葉ライトアップも「大沼ハロウィンナイト」【七飯】

 【七飯】秋の大沼を楽しむイベント「第7回大沼ハロウィンナイト&紅葉ライトアップクルーズ」(ぐるり道南観光推進協議会主催)が19日、大沼公園広場で始まった。カボチャランタンや紅葉のライトア...