北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

リサイクル率向上に期待 マテックが資源物回収施設を整備

 総合リサイクル業のマテック(本社帯広市)が苫小牧市桜木町に24時間対応の資源物回収施設「じゅんかんコンビニ24苫小牧桜木町店」を開設した。空き缶やペットボトル、古紙、小型家電など10種の資源物を持ち込んでもらい、その重量で商品券と交換できるポイントを付与する仕組み。今月内に拓勇東町にも同様の施設を設ける計画で、苫小牧の資源リサイクル推進にも貢献したい考えだ。  桜木町4の自社所有地(638平方メートル)に11月オープンさせた施設は無人で、7基の回収箱を設置。駐車スペースは4台分を確保した。「段ボール」「新聞・雑誌」「金属類」「スチール缶」「アルミ缶」「ペットボトル」「携帯電話」「パソコン本体」「小型家電」「古布・繊維類」の10種の資源物を24時間体制で受け入れる。  利用者は、施設内のタッチパネル端末で手に入れた会員カードを使い、端末で受け付け操作。その後、回収箱に資源物を投入すると、自動的に重量が計測され、ポイントが付与される。ポイント数はスチール缶で1キロ当たり1点、ペットボトルは同10点などと資源物によって異なり、500ポイントためると商品券(500円分)と交換できる。  市民から持ち込まれた資源物は、同社が毎日回収し、苫小牧支店(弁天)などへ搬入。選別や加工といった作業を行い、製品原料としてメーカーに提供する。同施設の目標回収量は月100トンとしている。  道内16施設目となる苫小牧桜木町店のオープン以降、回収量は順調で、「苫小牧市民はリサイクルへの意識が高い」と苫小牧支店の丸山貢支店長は言う。今月中旬には、拓勇東町5の自社所有地(1086平方メートル)に、「じゅんかんコンビニ24苫小牧拓勇店」(仮称)をオープンさせる予定だ。  民間事業者による資源物回収施設の整備について、苫小牧市もごみ減量、リサイクル推進の観点から歓迎している。苫小牧の資源リサイクル率は2016年度で30・8%と、道内主要都市の中でトップ。市一般廃棄物処理基本計画では、20年度にリサイクル率を32%、24年度に33%にする目標を立ており、市ゼロごみ推進課は「今回の企業による回収施設開設の取り組みは、苫小牧のリサイクル率の向上につながる」と期待する。

関連記事

釧路新聞

鉄道ファンにぎわう/転車台まつり【標津】

 鉄道遺産を使って町おこしを進める「標津転車台保存会」(篠田静男会長)は7日、根室標津駅跡地(標津町北1)で「根室標津転車台まつり」を開いた。  この日は、台風の影響によるあいにくの空模様だっ...

日高報知新聞

様似での約束で共演実現【新ひだか】

【新ひだか】ピアニストの川口信子さんと、浦河町在住のジャズベーシストの立花泰彦さんによるコンサートが11日夜、三石蓬栄の蓬莱音楽館で開かれ、約30人の観客がプロの演奏に酔いしれた。  川口さんは...

日高報知新聞

海自支援艦「すおう」寄港【浦河】

 12日に浦河港に寄港した海自の多用途支援艦「すおう」(艦長・矢﨑政和3等海佐、乗員45人)の一般公開が13日にあり、大勢の住民が艦内を見学した。 青森県の大湊地方隊大湊警備隊所属の同艦(全長65...

苫小牧民報

苫小牧、白老上空に竜巻の卵 気象台が注意情報発表

 苫小牧市樽前と白老町社台の境界付近で15日午前7時40分すぎ、竜巻になる前段の漏斗(ろうと)雲が発生した。北海道付近は大気の不安定な状況にあり、室蘭地方気象台は目撃情報を受けて同日午前8時20...

苫小牧民報

ブランド立ち上げ。第1弾はシイタケマリネ 白老の地域おこし協力隊の林夫妻

 地域おこし協力隊として今年6月に白老町に移住してきた林啓介さん、林オルガさん夫妻が白老の魅力を発信するブランド「GREEN OWL」を立ち上げ、第1弾として、白老のシイタケを使った「シイタケマ...