北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

スルメイカ、11月に漁獲量失速【函館】

 8月下旬から漁獲量がわずかながら回復していた道南スルメイカ漁が、11月に入ってから急激に失速した。函館市農林水産部がまとめた11月の市水産物地方卸売市場の生鮮スルメイカ取扱量は、前年同月比75%減の100トンにとどまり、4カ月ぶりに前年同月を下回った。

 11月の生鮮スルメイカの取扱金額は5101万円。1キロ当たりの平均単価は510円(前年同月=1074円)だった。道南スルメイカ漁が解禁された6月から11月までの半年間の累計取扱量は1611トンで、前年同期を151トン上回った。1キロ当たりの平均単価は647円(前年同期=776円)。

 記録的な不漁だった昨年と比べ、今季は8~10月でいずれも前年同月を上回り、悪いなりにも数字を伸ばしていただけに、漁業関係者の間には落胆と不安が広がっている。

 中島廉売(中島町)の紺地鮮魚(紺地慶一代表)では、いけすイカではなく噴火湾の定置網で獲れた、いわゆる「網イカ」の仕入れが増えているといい、「現状は特に悪かった昨年より悪いかもしれない。いけすイカが店頭に並ばない日も決して少なくない」と肩を落とす。ある市場関係者も「11月に入ってからは昨年よりひどい。スルメイカが本当に獲れなくなった」と話し、「たくさん獲れてほしいと思いながら、このまま獲れなくなるのだろうという思いをぬぐい去ることができない」と不安視する。

 道総研函館水試が11月上旬に実施した道南太平洋におけるスルメイカ分布調査では、「分布密度は過去の調査結果と比べ非常に低い」としているほか、同水試の澤村正幸研究主査も「漁獲は低迷するのでは」とみており、終漁期に向けて関係者は動向を注視している。

関連記事

日高報知新聞

「困っている人」に2万1926円

【新ひだか】静内幼稚園(中舘吉達園長、園児120人)の園児代表4人が12日、町社協を訪れ、園児たちが小遣いを出し合って集めた歳末たすけあい運動の寄付金2万1926円を町共同募金委員会の佐藤雅裕会長に...

日高報知新聞

「のぼり」と「ポスター」

 「優駿日高道 オールひだか魅力発信キャンペーン」として、来年3月予定の日高自動車道厚賀IC(インターチェンジ)開通と日高の魅力をアピールする「のぼり」と「ポスター」を製作し、日高地域の関係機関や...

苫小牧民報

身が締まり、味に太鼓判 苫小牧沖の冬ホッキ漁最盛期

 苫小牧沖の冬ホッキ漁が最盛期に入った。今シーズンの漁は1日に始まり、来年4月までの期間に最大20隻が操業に当たる。ホッキ貝の水揚げ量日本一を誇る苫小牧の漁港は早朝から活気付いている。  13...

十勝毎日新聞

クリスマス祈り厳か 聖公会幼稚園【帯広】

 帯広聖公会幼稚園(鈴木典明園長、園児104人)の礼拝堂で、14日午前10時20分からクリスマス礼拝が行われた。園児らは厳かな雰囲気の中で祈りを捧げ、キリストの生誕を祝った。  園児の代表6人...

十勝毎日新聞

年末年始、宴会料理は食べきろう 市がポスター【帯広】

 宴会が多くなる年末年始に向け、外食での食べ残しを減らそうと、帯広市は啓発ポスターを作成した。職場や飲食店などで活用してもらい、食べきれるだけの量を注文してもらうよう呼び掛ける。  環境省によ...