北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

スルメイカ、11月に漁獲量失速【函館】

 8月下旬から漁獲量がわずかながら回復していた道南スルメイカ漁が、11月に入ってから急激に失速した。函館市農林水産部がまとめた11月の市水産物地方卸売市場の生鮮スルメイカ取扱量は、前年同月比75%減の100トンにとどまり、4カ月ぶりに前年同月を下回った。

 11月の生鮮スルメイカの取扱金額は5101万円。1キロ当たりの平均単価は510円(前年同月=1074円)だった。道南スルメイカ漁が解禁された6月から11月までの半年間の累計取扱量は1611トンで、前年同期を151トン上回った。1キロ当たりの平均単価は647円(前年同期=776円)。

 記録的な不漁だった昨年と比べ、今季は8~10月でいずれも前年同月を上回り、悪いなりにも数字を伸ばしていただけに、漁業関係者の間には落胆と不安が広がっている。

 中島廉売(中島町)の紺地鮮魚(紺地慶一代表)では、いけすイカではなく噴火湾の定置網で獲れた、いわゆる「網イカ」の仕入れが増えているといい、「現状は特に悪かった昨年より悪いかもしれない。いけすイカが店頭に並ばない日も決して少なくない」と肩を落とす。ある市場関係者も「11月に入ってからは昨年よりひどい。スルメイカが本当に獲れなくなった」と話し、「たくさん獲れてほしいと思いながら、このまま獲れなくなるのだろうという思いをぬぐい去ることができない」と不安視する。

 道総研函館水試が11月上旬に実施した道南太平洋におけるスルメイカ分布調査では、「分布密度は過去の調査結果と比べ非常に低い」としているほか、同水試の澤村正幸研究主査も「漁獲は低迷するのでは」とみており、終漁期に向けて関係者は動向を注視している。

関連記事

十勝毎日新聞

小学生の写真サークル発足 プロ招き技術学ぶ【十勝】

 十勝管内の小学生でつくる写真サークル「十勝フォトキッズ」が発足した。プロカメラマンを講師に約半年間、帯広市内を中心に月1、2回、写真講座を開く。小学生が自前で趣味やサークル活動の場を立ち上げるケ...

十勝毎日新聞

ばん馬の親子伸び伸び 今春オープン「ばんえい十勝牧場」【帯広】

 ばん馬の繁殖と育成に取り組む観光牧場として、今年4月にオープンした「ばんえい十勝農場」(帯広市泉町西9線、寄木貴広牧場長)。敷地内では生まれて間もない若駒に母馬が寄り添う姿が見られ、観光客らの人...

十勝毎日新聞

ロケット30日に再挑戦 IST【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は21日、延期していた高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを6月30日、7月1、4日の日程で行うと発表...

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...