北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

スルメイカ、11月に漁獲量失速【函館】

 8月下旬から漁獲量がわずかながら回復していた道南スルメイカ漁が、11月に入ってから急激に失速した。函館市農林水産部がまとめた11月の市水産物地方卸売市場の生鮮スルメイカ取扱量は、前年同月比75%減の100トンにとどまり、4カ月ぶりに前年同月を下回った。

 11月の生鮮スルメイカの取扱金額は5101万円。1キロ当たりの平均単価は510円(前年同月=1074円)だった。道南スルメイカ漁が解禁された6月から11月までの半年間の累計取扱量は1611トンで、前年同期を151トン上回った。1キロ当たりの平均単価は647円(前年同期=776円)。

 記録的な不漁だった昨年と比べ、今季は8~10月でいずれも前年同月を上回り、悪いなりにも数字を伸ばしていただけに、漁業関係者の間には落胆と不安が広がっている。

 中島廉売(中島町)の紺地鮮魚(紺地慶一代表)では、いけすイカではなく噴火湾の定置網で獲れた、いわゆる「網イカ」の仕入れが増えているといい、「現状は特に悪かった昨年より悪いかもしれない。いけすイカが店頭に並ばない日も決して少なくない」と肩を落とす。ある市場関係者も「11月に入ってからは昨年よりひどい。スルメイカが本当に獲れなくなった」と話し、「たくさん獲れてほしいと思いながら、このまま獲れなくなるのだろうという思いをぬぐい去ることができない」と不安視する。

 道総研函館水試が11月上旬に実施した道南太平洋におけるスルメイカ分布調査では、「分布密度は過去の調査結果と比べ非常に低い」としているほか、同水試の澤村正幸研究主査も「漁獲は低迷するのでは」とみており、終漁期に向けて関係者は動向を注視している。

関連記事

苫小牧民報

むかわ竜のレプリカ作り進む 恐竜博で展示目指す

 恐竜骨格の復元や組み立ての専門会社「ゴビサポートジャパン」(群馬県神流町)のむかわ町穂別地区の工房で、国内最大の恐竜全身骨格化石「むかわ竜」のレプリカ作りが進められている。22日に見学会が開か...

苫小牧民報

赤いサイロ人気沸騰、カーリング女子選手「もぐもぐタイム」で話題-新千歳

 北見市で創業83年の老舗「清月」の銘菓「赤いサイロ」(5個入り、税込み840円)の人気が新千歳空港の土産店で沸騰している。今夜、韓国平昌冬季五輪カーリング競技3位決定戦にすべての力を尽くす女子...

十勝毎日新聞

金粉巻きで高木姉妹祝福 杉山店主、凱旋心待ち【幕別】

 平昌五輪スピードスケート団体追い抜きで金メダルを獲得した高木菜那選手(25)と妹の美帆選手(23)の活躍に沸く地元幕別町で、姉妹行きつけのすし店「竹葉寿司」(札内中央町)の杉山雪男店主(72...

十勝毎日新聞

トマム駅で貨物一時脱線 特急は終日運休 札幌-帯広【上川管内占冠村】

 24日午前3時55分ごろ、占冠村内のJR石勝線トマム駅構内で、列車の進路を切り替えるポイントの破損が見つかった。JR北海道が該当箇所を通過した貨物列車を調べたところ、貨車の車輪に傷が確認され...

十勝毎日新聞

「TPP復帰 本心ではない」 本紙・WSJ提携でランダース氏講演【帯広】

 十勝毎日新聞社と米国の日刊経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」の提携を記念した講演会が23日、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。WSJ東京支局長のピーター・ランダース氏らが、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス