北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館とカナダ、木と木でつなぐ ツリーに飾り付け【函館】

 

自分で作った松ぼっくりのオーナメントを飾る参加者

函館・ハリファックス協会(冨田幸雄会長)、渡島総合振興局東部森林室と市地域交流まちづくりセンターは2日、同センターで「はこだて・ハリファックス・クリスマスツリー」と題したイベントを開いた。函館市の姉妹都市、カナダ・ハリファクスから来た約4メートルのツリーを飾り付け、函館とカナダを木と木でつないだ。

 今年は同協会の創立30周年のほか、姉妹都市提携35年と節目の年にあたり、同室は9月に子どもを対象とした木育ワークショップを開いて協力。道南スギでできた木の玉や国道5号・赤松街道で拾われた松ぼっくりを素材とし、ビーズなどで飾り付けたオーナメントを制作した。また、同ワークショップは道教育大函館校の学校祭でも開かれ、合計約200個のオーナメントが集まった。

 オーナメント制作のアイデアを出した、同大地域連携プロジェクト「外国とつながる函館プロジェクト」の指導教官で、同協会副会長を務める古地順一郎准教授(42)は「学生のアイデアが実際の形になった良い例。一つひとつの積み重ねが重要」と笑顔を見せた。

 道教育大附属函館小学校2年の木村悠希君(7)は「外国の木と函館の木で種類は違うけど、一緒にすると似合っている」と話し、弟の未來君(5)、妹の遙ちゃん(3)と共に飾り付けを楽しんでいた。ツリーは「はこだてクリスマスファンタジー」が終了する25日まで飾られる。

関連記事

十勝毎日新聞

小学生の写真サークル発足 プロ招き技術学ぶ【十勝】

 十勝管内の小学生でつくる写真サークル「十勝フォトキッズ」が発足した。プロカメラマンを講師に約半年間、帯広市内を中心に月1、2回、写真講座を開く。小学生が自前で趣味やサークル活動の場を立ち上げるケ...

十勝毎日新聞

ばん馬の親子伸び伸び 今春オープン「ばんえい十勝牧場」【帯広】

 ばん馬の繁殖と育成に取り組む観光牧場として、今年4月にオープンした「ばんえい十勝農場」(帯広市泉町西9線、寄木貴広牧場長)。敷地内では生まれて間もない若駒に母馬が寄り添う姿が見られ、観光客らの人...

十勝毎日新聞

ロケット30日に再挑戦 IST【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は21日、延期していた高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを6月30日、7月1、4日の日程で行うと発表...

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...