北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

輝くまち 笑顔 中心部イルミネーション点灯式【帯広】

点灯したイルミネーションの前で合唱を披露する子どもたち

 冬の帯広中心部を彩るイルミネーションの合同点灯式が2日午後4時から藤丸前で行われた。サンタクロースの衣装を着た子どもたち90人がJR帯広駅から元気にパレード。米沢則寿帯広市長らとともに点灯ボタンを押し、光のショーの開幕を告げた。

 帯広イルミネーションプロジェクト実行委員会(見子雄一委員長)とおびひろ夢あかりアートの街実行委員会(火ノ川好信委員長)、藤丸クリスマスファンタジー主催で、冬のにぎわいづくりなどを目的に例年展開している。

 駅前で行われた出発式では、ハルニレの木の枝などに巻いた約3万8000個のLED(発光ダイオード)が点灯。佐々木大輔帯広駅長の合図に合わせ、子どもたちは藤丸前まで歩いて移動した。

 点灯式では全員でカウントダウンし、米沢市長や関係団体の代表者、子どもの代表3人が壇上でボタンを押すと、1万5000個の明かりが一斉にともった。光の中で子どもたちは合唱も披露し、会場から拍手が送られた。ボタンを押す大役を務めた浜崎航太ちゃん(6)=日赤東保育所=は「まちを通ることが多いので、何度も見に来たい」と笑顔で話した。

 イルミネーションは来年2月20日まで点灯される。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...