北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

若松地区岸壁工事着工式 安全と早期完成祈る【函館】

 

くす玉を割って着工を祝う工藤市長(右から2人目)や来賓の国会議員ら

11万トン級のクルーズ船を接岸できるように函館港若松地区に整備する岸壁の着工式が3日、市国際水産・海洋総合研究センター(弁天町)で行われた。工藤寿樹市長や地元の国会、道会議員ら約90人が出席し、工事の安全と早期完成を祈った。大型船の停泊が可能となる完全供用まで5年ほどの工期が見込まれているが、同開建はしゅんせつに入る前の来年秋にも暫定供用を目指す考え。

 式では事業を実施する函館開建の菊池一雄部長が「工事の安全と周辺環境の保全に万全を期し、施設の早期完成を目指し、地域の期待に応えたい」と式辞。工藤市長も「クルーズ船の誘致をさらに進め、早い時期に年間70隻の寄港を目指す。陸海空の交通がコンパクトに整っている函館の利点を生かしまちづくりを進めたい」と述べた。

 逢坂誠二衆院議員、横山信一参院議員ら来賓6人のあいさつの後、くす玉を割り着工を祝った。遺愛高校吹奏楽局の46人がオープニングで記念演奏し、式に花を添えた。

 工事は青函連絡船摩周丸の右舷側で実施し、水深10メートル、長さ360メートル(桟橋部250メートル)の岸壁を整備。 JR函館駅や函館朝市など主要観光スポットが集まる中心部に整備することで観光面の波及効果が期待される。

 事業は昨年度から進められており、11月15日から鋼管杭を打ち込む工事を始めている。

関連記事

根室新聞

日ロ共同経済活動 調査団が出発「実のある協議に期待」【根室】

 北方四島での日ロ共同経済活動の具体化に向けた政府の現地調査団(ビジネス・ミッション)は17日朝、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で根室港を出港して、最初の調査地である国後島へ向かった。...

日高報知新聞

戦争体験を次代へ伝える【浦河】

 浦河町地域包括支援センターは73年目の終戦記念日の15日、大通3の浦河ショッピングセンターMiO内のまちなか元気ステーションで「昔を語る会」カフェを開いた。  約20人が参加。サンドイッチや冷やしそ...

日高報知新聞

暑さに負けないように【新ひだか】

【新ひだか】北海道中学校体育大会(中体連)ソフトテニス大会の女子個人戦で優勝し、21日から広島県尾道市で開かれる全国大会に出場する静内第三中の下山佳那琉選手(3年)と吉本裕香選手(2年)が16日、役場...

苫小牧民報

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

十勝毎日新聞

土俵出現 18日に十勝帯広場所【帯広】

 18日に帯広市総合体育館で開かれる大相撲巡業の十勝帯広場所(実行委主催)に向け、会場での準備が進んでいる。17日午前には、体育館中央に土俵が登場した。  土俵の大きさは国技館と同じ6.7メ...