北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝の四季 言葉に 帯廣神社が北国版七十二候【帯広】

帯廣神社の四季に合わせた「七十二候」を冊子にまとめた大野宮司

 帯廣神社(帯広市東3南2、大野清徳宮司)は、同神社の四季の移り変わりを言葉で表現した「七十二候(しちじゅうにこう)」を紹介する冊子「帯廣神社 七十二候」を発行した。帯広・十勝の環境に合わせた七十二候は初めてで、道内でも珍しいという。制作した大野宮司は「神社周辺の多様な自然に目を向けるきっかけとなれば」と話している。

 七十二候は本州の気候が基準のため、北海道では当てはまらないものが多い。

 “帯廣神社版”作製のきっかけは昨年3月、広島県杉森神社の宮司が自身の神社にちなんだ七十二候をインターネット上で紹介していたのを見て、「帯廣神社ならではのものを作ろうと思った」と大野宮司。その後、帯廣神社のフェイスブック(SNS)を通じて1年間、七十二候と写真を紹介し、このたび編集して冊子にまとめた。

 「帯廣神社 七十二候」は、帯広測候所の過去の気象データや、大野宮司が同神社周辺の季節を調査した内容をもとに紹介しているのが大きな特徴。例えば、本来の「小寒末候」(1月15日ごろ)では「雉始雊(きじはじめてなく)」という言葉が当てられているが、「塵光煌(ちりひかりきらめく)」と細氷(ダイヤモンドダスト)の見られる季節として言葉を当てている。それぞれの候には、大野宮司自らが1年を通じて撮影した神社境内や周辺の植物、エゾリス、野鳥など生き物の写真が添えられている。

 冊子は、1日から同神社の授与所と社務所で受け付けを開始した「帯廣神社 えぞりすの森奉賛金」に500円以上奉賛した人に贈呈される。

 この奉賛金は同神社、十勝護国神社合わせて約1万坪(約3万3000平方メートル)の森の管理、育成に充てることが目的で、大野宮司は「神社の森は神様の住み家であり、自然の息づく場所であり、人の憩いの場。貴重な森を後世に残していくことに理解を示し、協力していただければ」と呼び掛けている。

写真と言葉で神社周辺の季節の移ろいを説明している

<七十二候>  立春、冬至など1年を24等分して節目を表現する「二十四節気」をそれぞれに「立春初候」「-次候」「-末候」のように3等分したもの。さらにそれぞれに対応する言葉を当て、約5日ごとの気象、生き物など、四季の変化を表現している。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...