北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

過去最高の4億円台に

様似町で10月から稼動した最新鋭の選果機

 ひだか東農協(本所・浦河)によると、浦河、様似両町のイチゴの平成29年度生産(29年2~30年1月)は、前年度実績の3億3600万円を25%前後上回る4億1千万円弱と過去最高を更新する見通しになった。前年に比べ高値での取引が続き、品質的にも安定し推移。同農協では「総じて良い年になった」と話している。

 生産の9割以上を占めるケーキなど加工向けの夏秋イチゴ「すずあかね」の共同選果は6月15日から始まり11月29日に終了した。12月以降は量的には少ないものの、冬イチゴの個別出荷に移っている。

 今シーズンは10月1日から様似町緑町の農協様似支所内で最新鋭の新選果施設が稼働。ここ数年の生産増で選果処理が限界に来ていた浦河町堺町の共同選果場を増補する施設として期待され、新規就農者も加わった今後の増産にしばらくは対応可能になった。

 今年の両町のイチゴ生産農家は、新規就農者を加え前年の32戸から36戸(浦河町20戸、様似町16戸)に増加。栽培面積も0・8㌶(8千平方㍍)増の5・7㌶と拡大した。

 全国一の生産を誇るひだか東農協の夏イチゴは、7月中旬から8月中旬が出荷のピーク。ただ、夏場はケーキ類の消費が落ち込み、イチゴも小粒になり単価は下がる傾向のため、今年は営農指導で夏場に花を摘んで株を休ませ、品質を保ち秋から粒ぞろいの出荷ができるよう生産農家に協力を求めている。

 今年の夏場は8月20日過ぎから価格が上昇しはじめ、「9月から10月にかけ、かなりの高値が続いた」という。平均価格は昨年が1㌔1820円で、今年は2100円近くで推移した。

 生産量も当初目標の218㌧から230㌧台後半まで伸びると予測。来年も6戸が新規就農の予定で、選果処理能力を高めながら増産が続く見通しだ。

関連記事

釧路新聞

鉄道ファンにぎわう/転車台まつり【標津】

 鉄道遺産を使って町おこしを進める「標津転車台保存会」(篠田静男会長)は7日、根室標津駅跡地(標津町北1)で「根室標津転車台まつり」を開いた。  この日は、台風の影響によるあいにくの空模様だっ...

日高報知新聞

様似での約束で共演実現【新ひだか】

【新ひだか】ピアニストの川口信子さんと、浦河町在住のジャズベーシストの立花泰彦さんによるコンサートが11日夜、三石蓬栄の蓬莱音楽館で開かれ、約30人の観客がプロの演奏に酔いしれた。  川口さんは...

日高報知新聞

海自支援艦「すおう」寄港【浦河】

 12日に浦河港に寄港した海自の多用途支援艦「すおう」(艦長・矢﨑政和3等海佐、乗員45人)の一般公開が13日にあり、大勢の住民が艦内を見学した。 青森県の大湊地方隊大湊警備隊所属の同艦(全長65...

苫小牧民報

苫小牧、白老上空に竜巻の卵 気象台が注意情報発表

 苫小牧市樽前と白老町社台の境界付近で15日午前7時40分すぎ、竜巻になる前段の漏斗(ろうと)雲が発生した。北海道付近は大気の不安定な状況にあり、室蘭地方気象台は目撃情報を受けて同日午前8時20...

苫小牧民報

ブランド立ち上げ。第1弾はシイタケマリネ 白老の地域おこし協力隊の林夫妻

 地域おこし協力隊として今年6月に白老町に移住してきた林啓介さん、林オルガさん夫妻が白老の魅力を発信するブランド「GREEN OWL」を立ち上げ、第1弾として、白老のシイタケを使った「シイタケマ...