北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

過去最高の4億円台に

様似町で10月から稼動した最新鋭の選果機

 ひだか東農協(本所・浦河)によると、浦河、様似両町のイチゴの平成29年度生産(29年2~30年1月)は、前年度実績の3億3600万円を25%前後上回る4億1千万円弱と過去最高を更新する見通しになった。前年に比べ高値での取引が続き、品質的にも安定し推移。同農協では「総じて良い年になった」と話している。

 生産の9割以上を占めるケーキなど加工向けの夏秋イチゴ「すずあかね」の共同選果は6月15日から始まり11月29日に終了した。12月以降は量的には少ないものの、冬イチゴの個別出荷に移っている。

 今シーズンは10月1日から様似町緑町の農協様似支所内で最新鋭の新選果施設が稼働。ここ数年の生産増で選果処理が限界に来ていた浦河町堺町の共同選果場を増補する施設として期待され、新規就農者も加わった今後の増産にしばらくは対応可能になった。

 今年の両町のイチゴ生産農家は、新規就農者を加え前年の32戸から36戸(浦河町20戸、様似町16戸)に増加。栽培面積も0・8㌶(8千平方㍍)増の5・7㌶と拡大した。

 全国一の生産を誇るひだか東農協の夏イチゴは、7月中旬から8月中旬が出荷のピーク。ただ、夏場はケーキ類の消費が落ち込み、イチゴも小粒になり単価は下がる傾向のため、今年は営農指導で夏場に花を摘んで株を休ませ、品質を保ち秋から粒ぞろいの出荷ができるよう生産農家に協力を求めている。

 今年の夏場は8月20日過ぎから価格が上昇しはじめ、「9月から10月にかけ、かなりの高値が続いた」という。平均価格は昨年が1㌔1820円で、今年は2100円近くで推移した。

 生産量も当初目標の218㌧から230㌧台後半まで伸びると予測。来年も6戸が新規就農の予定で、選果処理能力を高めながら増産が続く見通しだ。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...