北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「海鮮ザンギ弁当」発売 道文教大と札幌バルナバフーズ共同開発

 北海道文教大の商品開発研究会と食品製造販売の札幌バルナバフーズが共同開発した「北海海鮮ザンギ弁当」(税込み680円)が1日、同社が運営する新千歳空港国内線ターミナルビル内の弁当店「美食千歳」で発売された。季節替わりで旬の海の幸をザンギ(空揚げ)にし、副菜との食べ合わせによって栄養摂取にも効果的という健康志向の一品。12月と1月は第1弾「サケザンギ」が主菜となる。道外から訪れる観光客のほか、空港内で働く人にも商品の魅力をPRする。  商品開発研究会は同大の健康栄養学科の学生約120人が所属し、企業と連携した商品企画などに取り組んでいる。今回の企画は昨年2月に札幌バルナバフーズが「空港内の店舗で販売する『空弁(そらべん)』を共同開発したい」と依頼し、開発を始めた。  同社は当初、2~3カ月ほどでの商品化を目指していたが、初めて学生と一緒に取り組む企画とあって「北海道の玄関口である新千歳空港から食の魅力を発信できる商品にしたい」と力が入り、1年以上開発期間を延長して10回以上にわたる試作を繰り返してきた。  商品の最大の特色は、管理栄養士を目指す健康栄養学科の学生たちが、カロリーや栄養バランスをしっかり考えた点。主菜のサケには美肌効果のあるアスタキサンチンが含まれ、副菜のサツマイモや小松菜に含まれるビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が上がるという効果まで計算されている。  研究会の代表を務める板垣康治教授は「食べ合わせの効果まで考えた弁当の商品はこれまでになかったのではないか。学生たちの強みを生かした開発ができた」と商品の仕上がりに自信を見せる。  もちろん栄養だけではなく、味付けにもこだわった。サケザンギは油のしつこさを感じさせないよう、ショウガじょうゆに漬け込んでさっぱりと仕上げた。副菜も薄味になり過ぎず、多くの人に好まれるように味を微調整した。  サケザンギの開発を担当した同学科4年の津村早紀さん(22)は「ちょうどいい味を見つけるのが難しくて何度も作り直したが、長く取り組んできた思い入れのある商品がようやく完成してよかった。たくさんの人がこの商品を選んで、もう一度食べたいと思ってくれたらうれしい」と語る。  札幌バルナバフーズ空弁営業課の野口大介課長補佐は「空港では女性が多く働いており、日常的に買う弁当にヘルシーさを求める需要があると思うが、そういう商品はあまりない。若い人が考えた商品が口コミで広がり、大きな商品に育ってほしい」と期待。1日20食からスタートし、売れ行きに応じて製造量を調整していく。  来年9月までの生産がすでに決まっており、2、3月はホタテザンギ、4~6月はエビザンギ、7~9月はタコザンギと、季節に合わせて旬の素材を主菜にしていく予定。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...