北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

川崎J1初優勝 合宿地七飯でも喜び爆発【七飯】

今夏の合宿中、駒ケ岳神社で必勝祈願したフロンターレの選手たち(提供)

 サッカーの明治安田生命J1リーグで2日、川崎フロンターレが悲願の初優勝を果たしたことを受け、夏季合宿などで交流のある七飯町のサッカー関係者らから祝福の声が上がっている。町内少年サッカー大会のサポートやホームゲーム会場での物産展開催など、さまざまな面での強い協力がチーム優勝という最高の結果に結びついた。

 フロンターレは2005年に、東大沼多目的グラウンド「トルナーレ」(町東大沼)での合宿を開始。近年はJリーグの大会方式の変更により大沼での合宿が遠のいていたが、今年は14年以来、3年ぶりに来町した。町教委によると来年以降の来町も前向きに考えているといい、毎回選手たちの宿泊を受け入れる函館大沼プリンスホテルは「優勝は喜ばしい限りで、合宿に来る度に素晴らしい環境だと言っていた。継続して協力できることは何でもし、町と一緒になっておもてなしをさせていただきたい」とする。

 かつては合宿の合間を縫ってプロ選手が子どもたちにサッカー教室を開いていたほか、08~13年はフロンターレアカデミーのU-10を招待した「小学生親善サッカー大会」も実施。町サッカー協会によると、U-10のプレーは地元の子どもたちに大きな刺激を与え、当時少年団として参加していた子どもたちは七飯中学校に進学、中体連の全国出場を経験した生徒もいたという。

 同協会の田中亘理事長は「フロンターレは地元に密着したチームだと聞いており、七飯のこともよく考えてくれる。今後も合宿で七飯を訪れ教室などを開いてもらいたい」、町教委の松本亨教育次長も「子どもと触れ合う時間を作っていただき、地元からJ1で活躍する選手が生まれてほしい」と願う。

 現在も町内外の小学生対象の「トルナーレチャレンジカップ」で抽選会の特別グッズ提供やコーチ派遣による指導者クリニックの協力、年1回川崎市のホームゲームに町職員らが出向き、特産品販売などが行われている。さらに今年の町制施行60年記念式典の開催に当たり、フロンターレの中村憲剛選手がお祝いのメッセージを寄せた。

 町は優勝当日に祝電を送っており、中宮安一町長は「さまざまな協力を大変ありがたく思っており、今後もできることをしっかりしていきたい。ぜひこの勢いに乗ってフロンターレの黄金時代を築いてほしい」とエールを送っている。

■フロンターレ側は「シーズン後半に向けた質の高いトレーニング環境を提供いただき、本当にありがたく思っている。今後もキャンプを継続し、つながりを持っていきたい」としている。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...