北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

「増毛線」最終運行から1年 観光振興策募る

町民らから駅前観光のアイデアを募った増毛駅前商店会のマチづくり意見交換会

 増毛駅前商店会(本間桜会頭)主催のマチづくり意見交換会が、4日午前10時から弁天町1丁目の駅前観光案内所で開かれ、参加者が駅を中心としたマチづくりに関するアイデアを出し合った。

 JR留萌本線留萌―増毛間の運行最終日から1年となることから、町民らから今後の駅舎や駅前に関する観光振興案を募集し、今後のイベントなどの参考にしよう―と実施。11月30日で今期の営業を終えた同案内所を特別開放して行われた。

 案内所内にはマチの歴史を垣間見ることができる、大正や昭和に撮影された写真パネルを展示したほか、運行最終日に同商店会が旧JR増毛駅で開催した「増毛駅最終列車お見送りの会」の映像を上映。参加者は、映画「駅 STATION」に登場する「居酒屋 桐子」の舞台セット内で本間会頭や松倉清道事務局長が提供した温かいおでんや甘酒を味わいながら、意見を出し合った。

 この日は町民や観光客合わせて15人が会場を訪れ、参加者が改修工事が行われている旧JR増毛駅駅舎について「周辺を含めて町民から愛されるような名称を決める」、「完成披露セレモニーを開催してはどうか」と提案したほか、「駅舎内の空きスペースの公募企業への貸し出しを検討してみては」、「改修完成から1年目が大切。2年目、3年目を見越して増毛の季節のフルーツを使ったジューススタンドなど、季節に合わせたイベントを定期的に開催するべき」など、活発に意見を交換した。

 同商店会では、募った意見を今後の活動の参考にする。

関連記事

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...

函館新聞

カボチャランタンに花火 紅葉ライトアップも「大沼ハロウィンナイト」【七飯】

 【七飯】秋の大沼を楽しむイベント「第7回大沼ハロウィンナイト&紅葉ライトアップクルーズ」(ぐるり道南観光推進協議会主催)が19日、大沼公園広場で始まった。カボチャランタンや紅葉のライトア...