北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「戦争をわすれまい」

特攻隊員として訓練した当時を語る永田さん(右)と二女の裕美子さん(左)

 少年飛行兵として特攻の訓練を受け終戦を迎えた永田克美さん(92)=浦河町堺町=による講演会「我等・戦争をわすれまい」が3日、浦河町総合文化会館で開かれ、永田さんは「もう二度と戦争をしてはいけない」と訴えた。

 浦河文化協会が主催。永田さんは協会が年1回発行している「文芸うらかわ」の25号(平成18年度発行)で講演会の演題の随筆を寄稿。「記憶がまだはっきりしているうちに、私の体験と戦争の悲惨さ、命の大切さを若い世代に伝えていく必要を感じた」(永田さん)という。

 大正14年に浦河町の農家の長男として生まれた永田さんは、昭和の年号と同じく人生を歩んだ。戦禍も激しくなってきた昭和18年、18歳で憧れていた飛行機乗りのため陸軍特別幹部候補生の試験を受け、操縦兵として合格。  国内各地の飛行場で滑空機(グライダー)などをつかった特攻訓練中に終戦となり、同級生の戦死なども知り浦河に戻り、農家の後は牛乳店を営んだ。

 講演会には永田さんと同年配から小学生まで約80人が出席。随想朗読後、二女で元HBCアナウンサーの氏家裕美子さんが進行を務め、参加町民とのやり取りを交えながら戦中、戦後の混乱期まで当時の記憶を追いながら、戦争の悲惨さ命の大切さを語った。

 永田さんはシンガポールへの出兵が近い中、暗闇の中でコンクリール溝に落ちて負傷後、破傷風となり別の兵に交代。出兵に向かった船は台湾沖で魚雷で撃沈されており、「けががなければ自分が死んでいた。当時は特攻隊についても何も感じていなかったが、年を取るにつれて恐ろしことだと感じている」と振り返った。

 戦後の食糧難の混乱も語り、戦争のため死んでいった仲間や風化しつつある戦争の記憶について危機感を示し、「いま一度立ち止まって世の中を見つめてほしい」と訴えた。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...