北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

五稜郭支援学校の嶋さんが障害者技能技術大会で全国V【函館】

パソコンデータ入力競技で道内勢初となる金賞を受賞した嶋さん(中央)と指導に当たった辰野教諭(左)と赤松校長

 11月中旬に栃木県で開かれた「第37回全国障害者技能競技大会」(通称・全国アビリンピック)に、パソコンデータ入力競技の道代表として出場した函館五稜郭支援学校(赤松拓校長)環境・流通サポート科3年の嶋伽月さん(18)が、最高位となる金賞を獲得した。同種目での優勝は道内初の快挙。嶋さんは「今後も練習を続けて能力を上げていきたい」と、さらなる高みを目指している。

 昨年7月の校内選考、同10月の全道大会で金賞を手にして全国切符をつかんだ。2年生の時もワード・プロセッサ競技で全国出場し、3位入賞を果たしている。今大会には全国から22種目に365人がエントリーした。

 パソコンデータ入力競技には、全国から33人が出場。アンケートはがきの入力、顧客伝票の修正、帳簿作成の3課題を各30分以内にこなし、集中力やタイピングの早さ、仕上がりの正確さなどが試される。嶋さんはマウスを多用せず、ショートカットキーを駆使することで動作の無駄を省き、効率良くデータ入力できたことが好成績につながった。

 「自信はあったので入賞は確信していた」と話すが、入賞者の発表ではなかなか名前が読み上げられず、緊張感に包まれながら手を組んで祈っていたという。最後に名前がコールされると、飛び上がって喜びを爆発させた。「まさか優勝できると思っていなかったのでうれしかった」と笑顔をみせる。

 幼少期から電子機器に親しみ、同校に入学してから飛躍的に能力が向上した。指導に当たった同科の辰野忠輝教諭は「効率性を常に意識して頑張ってきた。成果が実ってうれしい」、赤松校長も「(出場者のほとんどが社会人の中で)頑張れば出来るということを証明してくれた」と健闘をたたえる。

 今年10月の全道大会でもワード・プロセッサ競技で銀賞に輝き、来年の全国大会出場を決めた。ここで好成績を残せば4年に1度開かれる国際大会への出場も夢ではない。道南の製菓会社への就職も決定し、将来の目標も明確になってきた。卒業後も同校がバックアップする方針で、嶋さんは「国際アビリンピック大会に出られるように頑張りたい」と意気込んだ。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...