北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

弓矢や伝統楽器を体験

手作りの弓矢を体験

【平取】沙流川流域に伝わるアイヌ文化の理解促進を目的に町主催の文化教室「ウウェカラパ(集い)」が2日、本町のふれあいセンターびらとりで開かれた。

 ウウェカラパとはアイヌ語で「集い」の意味。教室は毎年町内4会場で開催。子どもたちに「アイヌの昔の遊び体験」と「アイヌの古式舞踊」などを伝えている。

 「昔の遊び体験」は昔の狩猟体験ゲームの弓矢体験から。平取アイヌ文化保存会の貝沢耕一さんと10人の女性講師の指導で、親子ら10人が楽しく手ほどきを受けた。

 参加者はモユク(タヌキ)、ユク(鹿)、チロンヌプ(キツネ)、キムンカムイ(熊)の動物たちの可愛いイラストの的に、竹と糸ヒモで作った手作りの弓でヨモギの矢を放ち、昔の狩猟体験に挑戦。

 保存会の女性たちから要領を教わると、見る間に的に届き始め、みごとに的に命中すると「やったー!」と歓声が飛び交い、子どもたちは昔の遊びの楽しさに目を輝かせていた。  蝦夷地を再現する大型ジグソーパズルや竹と木綿の細ひもで作った伝統楽器「ムックリ」の演奏にも挑戦し、ハララキ(鶴の舞)などアイヌの古式舞踊も鑑賞。伝統文化を今に伝えるイベントを親子で楽しんだ。

蝦夷地の大型ジグソーパズルに挑む

関連記事

釧路新聞

鉄道ファンにぎわう/転車台まつり【標津】

 鉄道遺産を使って町おこしを進める「標津転車台保存会」(篠田静男会長)は7日、根室標津駅跡地(標津町北1)で「根室標津転車台まつり」を開いた。  この日は、台風の影響によるあいにくの空模様だっ...

日高報知新聞

様似での約束で共演実現【新ひだか】

【新ひだか】ピアニストの川口信子さんと、浦河町在住のジャズベーシストの立花泰彦さんによるコンサートが11日夜、三石蓬栄の蓬莱音楽館で開かれ、約30人の観客がプロの演奏に酔いしれた。  川口さんは...

日高報知新聞

海自支援艦「すおう」寄港【浦河】

 12日に浦河港に寄港した海自の多用途支援艦「すおう」(艦長・矢﨑政和3等海佐、乗員45人)の一般公開が13日にあり、大勢の住民が艦内を見学した。 青森県の大湊地方隊大湊警備隊所属の同艦(全長65...

苫小牧民報

苫小牧、白老上空に竜巻の卵 気象台が注意情報発表

 苫小牧市樽前と白老町社台の境界付近で15日午前7時40分すぎ、竜巻になる前段の漏斗(ろうと)雲が発生した。北海道付近は大気の不安定な状況にあり、室蘭地方気象台は目撃情報を受けて同日午前8時20...

苫小牧民報

ブランド立ち上げ。第1弾はシイタケマリネ 白老の地域おこし協力隊の林夫妻

 地域おこし協力隊として今年6月に白老町に移住してきた林啓介さん、林オルガさん夫妻が白老の魅力を発信するブランド「GREEN OWL」を立ち上げ、第1弾として、白老のシイタケを使った「シイタケマ...