北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

大地みらい信金「100年史」を発行 地域と歩んだ歴史丹念に【根室】

「大地みらい信用金庫100年史」を紹介する執行役員の村上さん(左)と、編纂委員の佐藤さん

 大地みらい信用金庫(遠藤修一理事長)は、同金庫創立から100年の歴史をまとめた「大地みらい信用金庫100年史」を発行した。年史を発行するのは10年ぶり。同金庫の歴史に加え、その時間軸に沿った経済・金融界の動きや、根釧地域の歴史や魅力を紹介しながら100年を振り返る読み応えたっぷりの一冊に仕上がった。

 同信金は大正5年5月10日、母体となった「根千親交会(親友会)」の須藤公雄氏を初代組合長に有限責任根室信用購買販売組合として誕生。同27年に根室信用金庫に改組、平成13年に厚岸信金と合併し、「大地みらい信用金庫」となって現在に至る。

 「100年史」は江戸時代までさかのぼり、道東地域の交易の幕開けから日ロ関係、水産関連業の発展、戦後復興から高度成長期を迎えた根室を見つめ、厳しい時代の流れに立ち向かった同信金の奮闘を記録。中には根室空襲時の混乱を記した当時根室信用組合の北構保組合長の手記も掲載している。

 大地みらい信用金庫100年史編纂委員会が地域の歴史を隅々まで調査しながら編集したもので、金庫史にとどまらず根室の出来事や人物にフォーカスした「地域コラム」も散りばめながら3年かけて作り上げた地域史とも言える労作だ。

 創立100周年事業実行委員会事務局長の村上健明執行役員は「地域と歩んだ歴史を丹念に拾った。内向きではなく、外にも金庫史と併せて地域の歩みを知ってもらえるきっかけになれば」と話し、今後は職員のテキストとしても活用したい考え。支店がある各市町村や、図書館で閲覧できる。

 A4判455ページ、全編カラー刷り。1,300部発行した。

関連記事

室蘭民報

噴火湾文化研究所が江戸後期の能衣装公開【伊達】

 伊達市噴火湾文化研究所(館山町)で収蔵されている江戸時代後期に作られた仙台藩亘理伊達家の能の衣装「濃茶地丸紋散(こいちゃじまるもんち)らし繍箔能装束(ぬいはくのうしょうぞく)」が25日、報道...

室蘭民報

室蘭遺族会が会員減少と高齢化で活動休止へ【室蘭】

 室蘭出身戦没者の遺族でつくる室蘭遺族会(徳中嗣史会長)が、会員の減少と役員の高齢化のため活動を休止する。同会が室蘭八幡宮境内に建立した招魂社も築60年以上がたち老朽化しており、近く解体する予...

室蘭民報

幕西の柏木さん宅に愛情注いだツツジと藤の花【室蘭】

 室蘭市幕西町の柏木むつ子さん宅の庭では、春の陽気に誘われて、鮮やかな3色のツツジと藤の花が咲き誇り、さわやかな香りを届けている。  母親が花を好きだったこともあり、幼い頃から触れ合い育った...

函館新聞

親世代に出張無料相談 ららぽーとブライダル【函館】

 日本ブライダル連盟加盟の結婚相談所「ららぽーとブライダル」(函館市新川町、米木司代表)は、独身者の親に対してアドバイスをする出張無料相談を始める。未婚の子を心配する親世代からの相談機会が...

函館新聞

尾道市の空き家再生に取り組む豊田さん招く 箱バルが1日【函館】

 西部地区の古い建物の利活用を進めている合同会社箱バル不動産(蒲生寛之代表)は6月1日午後6時半から、「地域をつなぐ小商いミーティングin函館西部地区」を入舟町の倉庫で開く。広島県尾道市で旧...