北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

初めて7億円台を突破

過去最高の販売額を達成したにいかっぷピーマンの選果風景

【新冠】道内一の生産量を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の販売額が、初めて7億円台を突破して7億3873万782円を記録した。新冠町農協ピーマン生産部会の竹中浩二会長は「部会員の努力はもちろんだが、各市場や関係機関の支援のおかげ。これからも全道一のピーマン産地として自信と誇りを持ち、安心安全なピーマンを生産していきたい」と話している。

 町内のピーマン生産は、水稲転作に伴う補完作物として昭和59年に生産農家2戸が導入。「にいかっぷピーマン」のブランド名で、徐々に生産戸数や作付面積を増やし、平成14年に初めて販売額が3億円台を突破。以降、3億円台で推移してきたが、25年に4億円台、26年に5億円台、27年に6億円台と右肩上がりの売り上げで町の主力農産物に育っている。  今年は46戸(前年比増減なし)が作付し、面積は22・56㌶(同1・53㌶増)。共選、個別を含めて5月16日から11月25日まで約2020㌧(同209㌧増)を出荷し、販売単価は1㌔365円(同1円減)と過去4番目の高値となった。

 春と秋に強風や台風接近などでハウスに被害が遭ったものの、作付面積増による販売数量増や販売単価も本州産の不振から高値を維持し、販売額は過去最高だった前年の記録を更新した。

 道内産ピーマン出荷実績(11月末現在、ホクレン扱い)では、産地別で前年の49%から今年は55%とシェアを拡大し、道外向けの出荷では78%を占めた。

 4日に新冠町農協で行われたピーマン生産部会反省会で浅川豊組合長は「新規就農や後継者として戻ってきた人が多く、ピーマンの将来を安心して見ていられる。しかし、農業全体では高齢化が進んでいるので、引き続き後継者の確保が必要。今後も後継者の就農をお願いしたい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...