北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

初めて7億円台を突破

過去最高の販売額を達成したにいかっぷピーマンの選果風景

【新冠】道内一の生産量を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の販売額が、初めて7億円台を突破して7億3873万782円を記録した。新冠町農協ピーマン生産部会の竹中浩二会長は「部会員の努力はもちろんだが、各市場や関係機関の支援のおかげ。これからも全道一のピーマン産地として自信と誇りを持ち、安心安全なピーマンを生産していきたい」と話している。

 町内のピーマン生産は、水稲転作に伴う補完作物として昭和59年に生産農家2戸が導入。「にいかっぷピーマン」のブランド名で、徐々に生産戸数や作付面積を増やし、平成14年に初めて販売額が3億円台を突破。以降、3億円台で推移してきたが、25年に4億円台、26年に5億円台、27年に6億円台と右肩上がりの売り上げで町の主力農産物に育っている。  今年は46戸(前年比増減なし)が作付し、面積は22・56㌶(同1・53㌶増)。共選、個別を含めて5月16日から11月25日まで約2020㌧(同209㌧増)を出荷し、販売単価は1㌔365円(同1円減)と過去4番目の高値となった。

 春と秋に強風や台風接近などでハウスに被害が遭ったものの、作付面積増による販売数量増や販売単価も本州産の不振から高値を維持し、販売額は過去最高だった前年の記録を更新した。

 道内産ピーマン出荷実績(11月末現在、ホクレン扱い)では、産地別で前年の49%から今年は55%とシェアを拡大し、道外向けの出荷では78%を占めた。

 4日に新冠町農協で行われたピーマン生産部会反省会で浅川豊組合長は「新規就農や後継者として戻ってきた人が多く、ピーマンの将来を安心して見ていられる。しかし、農業全体では高齢化が進んでいるので、引き続き後継者の確保が必要。今後も後継者の就農をお願いしたい」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...

函館新聞

カボチャランタンに花火 紅葉ライトアップも「大沼ハロウィンナイト」【七飯】

 【七飯】秋の大沼を楽しむイベント「第7回大沼ハロウィンナイト&紅葉ライトアップクルーズ」(ぐるり道南観光推進協議会主催)が19日、大沼公園広場で始まった。カボチャランタンや紅葉のライトア...