北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

タンチョウ何羽?/中学生も参加し一斉調査【釧路】

 2017年度第1回タンチョウ越冬分布調査が5日、全道のタンチョウ生息地や飛来地計約280カ所で一斉に行われた。このうち釧路市の阿寒国際ツルセンターでは、阿寒中学校の1、2年生の生徒10人が調査担当者と共に飛来数を数えた。

 同調査は絶滅危惧種であるタンチョウの越冬分布や規模の把握を目的として毎年1月と12月に行われている。1952年に行った初調査では33羽だったが、2005年には1000羽を超え、15年1月に過去最多の1320羽を記録している。

 この日は雪が降りしきる中、午前9時前後に調査が行われ、生徒たちは同センター2階の展望室から予備調査を含めて3回飛来数を計測した。望遠鏡をのぞき込みながら数えたタンチョウは本調査で幼鳥3羽、成鳥7羽の計10羽、予備調査では21羽が確認できた。同地点では悪天候の影響もあって、昨年の92羽に比べて少ない結果となった。調査した生徒たちは「雪しか見えない」と言いながらも、タンチョウが飛来してきた際には歓声を上げていた。調査結果の公表は12月下旬から1月上旬を予定している。

関連記事

函館新聞

附属小2年小笠原君、7歳で英検2級合格【函館】

 道教育大附属函館小学校2年の小笠原煌(こう)君(7)が、高校卒業程度の力が求められる日本英語能力検定(英検)の2級に合格した。煌君は「うれしくて感動した」と会心の笑みを浮かべている。  煌君...

函館新聞

記録的大雪で明暗分かれる【函館】

 12月に入り、函館は思わぬ大雪に見舞われている。12日には1日に降った雪の量が37センチと、12月としては過去3番目を記録。例年より早い冬入りに道路の除雪が追いつかず、市民からは不満の声も出て...

室蘭民報

伊達高放送局が高文連コンのラジオ番組部門で全道1位【伊達】

 伊達高校放送局(大西萌局長、7人)が北海道高校文化連盟第40回放送コンテスト(11月16、17日・函館市)のラジオ番組部門で1位に輝いた。室蘭イタンキ浜鳴り砂を守る会(菊地富子会長)の活動を...

日高報知新聞

特産物PRや観光振興など 町長に6項目の提言書

【平取】平取中学校の生徒が11日、役場町長室で川上満町長に魅力的な町づくり向けた提言を行った。  来庁したのは生徒会長の原田隼君(2年)、副会長の石浦郁美さん(同)、岡田浩暉君(1年)の3人と小...

日高報知新聞

酒井氏が4期目出馬表明 来年4月の新ひだか町長選

【新ひだか】任期満了に伴う来年4月10日告示、同15日投開票の町長選挙に向け、現職の酒井芳秀氏(73)が4期目の出馬を表明した。12日開会の町議会定例会で、畑端憲行氏の一般質問に答えた。  酒井氏は「...