北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ドクヘリ上半期出動33%増、重複要請時の対応課題【函館】

本年度上半期の出動件数などの報告があったドクターヘリ運航調整委員会

 道南ドクターヘリの本年度上半期(4~9月)の出動件数は、前年同期比33%増の244件だった。年度全体では450件近くとなる見通しで、認知度向上などにより、2015年の就航以降着実に増加を続ける。今後は、出動要請が重複した際の対応や救急車と落ち合う着陸地点「ランデブーポイント」の一層の確保が課題となりそうだ。

 6日に函館市内のホテルで開かれた運航調整委員会(浅井康文委員長)で報告された。1日当たりの出動件数は1・33件で、全体では前年度を50~100件上回る見込み。ヘリの年間最大稼働数について、市立函館病院の武山佳洋救命救急センター長は「全国の事例を参考にすると、500件程度の出動は可能ではないか」とみる。

 出動が増えた際に課題となるのが、要請が同時に複数あった時の判断。上半期は重複要請が19件あり、未出動の要因の半分を占めた。ただ、出動件数に対する割合は1割以下にとどまり、同委員会事務局によると、全国との比較では低い水準だという。

 要請が重なった際の対応として、現在は原則、先に依頼があった分を受け入れているが、武山センター長は「順番が後でも重篤化が予想される現場を優先するケースが出てくる可能性がある。他の地域でも大きな問題になっており、関係機関には十分な説明が必要だ」と指摘する。

 一方、9月時点のランデブーポイント数は299カ所。運航開始当初から13カ所増加したが、除雪体制の整った地点は47カ所にとどまる。函館市や今金町など近く追加登録される4カ所を含め、自治体や関係機関は場所の確保を急ぐ考えだ。  委員会ではこのほか、救急現場近くにヘリが着陸する際の活動規定案を承認。今後は、従来の救急システムとの比較を図るため、ドクターヘリの費用対効果の検証に着手することなどを確認した。

関連記事

苫小牧民報

むかわ竜のレプリカ作り進む 恐竜博で展示目指す

 恐竜骨格の復元や組み立ての専門会社「ゴビサポートジャパン」(群馬県神流町)のむかわ町穂別地区の工房で、国内最大の恐竜全身骨格化石「むかわ竜」のレプリカ作りが進められている。22日に見学会が開か...

苫小牧民報

赤いサイロ人気沸騰、カーリング女子選手「もぐもぐタイム」で話題-新千歳

 北見市で創業83年の老舗「清月」の銘菓「赤いサイロ」(5個入り、税込み840円)の人気が新千歳空港の土産店で沸騰している。今夜、韓国平昌冬季五輪カーリング競技3位決定戦にすべての力を尽くす女子...

十勝毎日新聞

金粉巻きで高木姉妹祝福 杉山店主、凱旋心待ち【幕別】

 平昌五輪スピードスケート団体追い抜きで金メダルを獲得した高木菜那選手(25)と妹の美帆選手(23)の活躍に沸く地元幕別町で、姉妹行きつけのすし店「竹葉寿司」(札内中央町)の杉山雪男店主(72...

十勝毎日新聞

トマム駅で貨物一時脱線 特急は終日運休 札幌-帯広【上川管内占冠村】

 24日午前3時55分ごろ、占冠村内のJR石勝線トマム駅構内で、列車の進路を切り替えるポイントの破損が見つかった。JR北海道が該当箇所を通過した貨物列車を調べたところ、貨車の車輪に傷が確認され...

十勝毎日新聞

「TPP復帰 本心ではない」 本紙・WSJ提携でランダース氏講演【帯広】

 十勝毎日新聞社と米国の日刊経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」の提携を記念した講演会が23日、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。WSJ東京支局長のピーター・ランダース氏らが、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス