北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ドクヘリ上半期出動33%増、重複要請時の対応課題【函館】

本年度上半期の出動件数などの報告があったドクターヘリ運航調整委員会

 道南ドクターヘリの本年度上半期(4~9月)の出動件数は、前年同期比33%増の244件だった。年度全体では450件近くとなる見通しで、認知度向上などにより、2015年の就航以降着実に増加を続ける。今後は、出動要請が重複した際の対応や救急車と落ち合う着陸地点「ランデブーポイント」の一層の確保が課題となりそうだ。

 6日に函館市内のホテルで開かれた運航調整委員会(浅井康文委員長)で報告された。1日当たりの出動件数は1・33件で、全体では前年度を50~100件上回る見込み。ヘリの年間最大稼働数について、市立函館病院の武山佳洋救命救急センター長は「全国の事例を参考にすると、500件程度の出動は可能ではないか」とみる。

 出動が増えた際に課題となるのが、要請が同時に複数あった時の判断。上半期は重複要請が19件あり、未出動の要因の半分を占めた。ただ、出動件数に対する割合は1割以下にとどまり、同委員会事務局によると、全国との比較では低い水準だという。

 要請が重なった際の対応として、現在は原則、先に依頼があった分を受け入れているが、武山センター長は「順番が後でも重篤化が予想される現場を優先するケースが出てくる可能性がある。他の地域でも大きな問題になっており、関係機関には十分な説明が必要だ」と指摘する。

 一方、9月時点のランデブーポイント数は299カ所。運航開始当初から13カ所増加したが、除雪体制の整った地点は47カ所にとどまる。函館市や今金町など近く追加登録される4カ所を含め、自治体や関係機関は場所の確保を急ぐ考えだ。  委員会ではこのほか、救急現場近くにヘリが着陸する際の活動規定案を承認。今後は、従来の救急システムとの比較を図るため、ドクターヘリの費用対効果の検証に着手することなどを確認した。

関連記事

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...

十勝毎日新聞

ジュエリーアイス早くも「上陸」【豊頃】

 豊頃町大津の海岸一帯で15日朝、氷塊「ジュエリーアイス」が多数打ち上げられた。例年年明けの1~2月によく見られ、ジュエリーアイスの名付け親でこの日も現地を訪れた帯広の浦島久さん(65)は「少量...

十勝毎日新聞

街に活気 いきなり1等!「全市連合」抽選【帯広】

 帯広商工会議所(高橋勝坦会頭)主催の「年末全市連合大売出し2018」の抽選会場は、クリスマスや年末の買い物に訪れた来店客でにぎわった。  会場は藤丸やイオン帯広店など14カ所。参加店での買い...

室蘭民報

大西さんの死悼む、鈴木新党大地代表【室蘭】

 新党大地西胆振支部長、大西武俊(おおにし・たけとし)氏が13日午後11時2分、心不全のため搬送先の病院で死去した。自宅は室蘭市中島町2・29・20。49歳。士幌町出身。通夜は16日午後6時から...

室蘭民報

「山漬け」うま味満点、室蘭漁協がきょうから限定販売【室蘭】

 室蘭で水揚げしたサケの「山漬け」が今年も出来上がり、室蘭漁業協同組合(室村吉信組合長)が15日から、350本限定で販売する。脂が乗り、うま味がぎゅっと詰まった逸品に仕上がっている。  産卵期...