北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ドクヘリ上半期出動33%増、重複要請時の対応課題【函館】

本年度上半期の出動件数などの報告があったドクターヘリ運航調整委員会

 道南ドクターヘリの本年度上半期(4~9月)の出動件数は、前年同期比33%増の244件だった。年度全体では450件近くとなる見通しで、認知度向上などにより、2015年の就航以降着実に増加を続ける。今後は、出動要請が重複した際の対応や救急車と落ち合う着陸地点「ランデブーポイント」の一層の確保が課題となりそうだ。

 6日に函館市内のホテルで開かれた運航調整委員会(浅井康文委員長)で報告された。1日当たりの出動件数は1・33件で、全体では前年度を50~100件上回る見込み。ヘリの年間最大稼働数について、市立函館病院の武山佳洋救命救急センター長は「全国の事例を参考にすると、500件程度の出動は可能ではないか」とみる。

 出動が増えた際に課題となるのが、要請が同時に複数あった時の判断。上半期は重複要請が19件あり、未出動の要因の半分を占めた。ただ、出動件数に対する割合は1割以下にとどまり、同委員会事務局によると、全国との比較では低い水準だという。

 要請が重なった際の対応として、現在は原則、先に依頼があった分を受け入れているが、武山センター長は「順番が後でも重篤化が予想される現場を優先するケースが出てくる可能性がある。他の地域でも大きな問題になっており、関係機関には十分な説明が必要だ」と指摘する。

 一方、9月時点のランデブーポイント数は299カ所。運航開始当初から13カ所増加したが、除雪体制の整った地点は47カ所にとどまる。函館市や今金町など近く追加登録される4カ所を含め、自治体や関係機関は場所の確保を急ぐ考えだ。  委員会ではこのほか、救急現場近くにヘリが着陸する際の活動規定案を承認。今後は、従来の救急システムとの比較を図るため、ドクターヘリの費用対効果の検証に着手することなどを確認した。

関連記事

函館新聞

附属小2年小笠原君、7歳で英検2級合格【函館】

 道教育大附属函館小学校2年の小笠原煌(こう)君(7)が、高校卒業程度の力が求められる日本英語能力検定(英検)の2級に合格した。煌君は「うれしくて感動した」と会心の笑みを浮かべている。  煌君...

函館新聞

記録的大雪で明暗分かれる【函館】

 12月に入り、函館は思わぬ大雪に見舞われている。12日には1日に降った雪の量が37センチと、12月としては過去3番目を記録。例年より早い冬入りに道路の除雪が追いつかず、市民からは不満の声も出て...

室蘭民報

伊達高放送局が高文連コンのラジオ番組部門で全道1位【伊達】

 伊達高校放送局(大西萌局長、7人)が北海道高校文化連盟第40回放送コンテスト(11月16、17日・函館市)のラジオ番組部門で1位に輝いた。室蘭イタンキ浜鳴り砂を守る会(菊地富子会長)の活動を...

日高報知新聞

特産物PRや観光振興など 町長に6項目の提言書

【平取】平取中学校の生徒が11日、役場町長室で川上満町長に魅力的な町づくり向けた提言を行った。  来庁したのは生徒会長の原田隼君(2年)、副会長の石浦郁美さん(同)、岡田浩暉君(1年)の3人と小...

日高報知新聞

酒井氏が4期目出馬表明 来年4月の新ひだか町長選

【新ひだか】任期満了に伴う来年4月10日告示、同15日投開票の町長選挙に向け、現職の酒井芳秀氏(73)が4期目の出馬を表明した。12日開会の町議会定例会で、畑端憲行氏の一般質問に答えた。  酒井氏は「...