北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

駒ケ岳の軽石利用した干物完成 鹿部で10日から販売【鹿部】

軽石干しをPRする鈴木さん(左)と船橋さん

 町製品開発研究会(高橋昱彦(あきひこ)会長)と道立工業技術センター(函館)が共同開発した干物「軽石干し」が完成し、10日から道の駅「しかべ間歇泉公園」で販売する。駒ケ岳の軽石の吸水力を生かした製法で、前浜で取れるソウハチガレイとアブラコ、サバの旨味を凝縮。3年間の開発の末誕生した一品に、関係者は「鹿部の新たな魅力にしたい」とPRする。

 軽石は地下30センチ~1メートルほどの深さに位置。栄養分がなく肥料に適さないなど、これまで活用法がなかった。同研究会が「軽石と町特産の魚を使った新商品を」と、火山灰を使った本州の伝統製法「灰干し」を参考に考案。同センターが適当な塩分濃度や製造時間などを調べ、乾熱滅菌処理による微生物試験で製造用資材としての安全性を確認した。

 軽石には全体積の約半分を占める無数の気孔があり、多くの水を溜められることが研究により判明。水を通す「半透膜セロハン」で焼き塩を振った魚を挟み、旨味成分のイノシン酸が低減しにくい5度以下で熟成、脱水する。浸透圧を利用して塩分を定着させ、軽石が水分を吸収する独自の製法を確立。ふっくらしたジューシーな肉質が特長だ。

 製造はイリエ船橋水産(鹿部68、船橋吉右衛門社長)が担う。船橋敦子専務は「魚の種類や大きさによって干す時間や塩加減が異なり、何度も失敗しながら突き詰めた」と苦労を語り「これほどおいしくできるとは。全ての工程が手作業なので手間はかかるが、きっと皆さんに好まれる商品になる」と笑顔を浮かべる。

 研究会の鈴木昌志事務局長は「軽石を用いた製法は全国で例がなく、今後は使う魚の種類を増やすことも考えている。魚本来のおいしさを家庭で手軽に味わってほしい」と力を込める。

 道の駅での販売価格(税込み)はソウハチガレイ(2枚)500円、アブラコ(開き)1300円、サバ(フィレ)350円。問い合わせは同社(01372・7・2010)へ。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...