北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

駒ケ岳の軽石利用した干物完成 鹿部で10日から販売【鹿部】

軽石干しをPRする鈴木さん(左)と船橋さん

 町製品開発研究会(高橋昱彦(あきひこ)会長)と道立工業技術センター(函館)が共同開発した干物「軽石干し」が完成し、10日から道の駅「しかべ間歇泉公園」で販売する。駒ケ岳の軽石の吸水力を生かした製法で、前浜で取れるソウハチガレイとアブラコ、サバの旨味を凝縮。3年間の開発の末誕生した一品に、関係者は「鹿部の新たな魅力にしたい」とPRする。

 軽石は地下30センチ~1メートルほどの深さに位置。栄養分がなく肥料に適さないなど、これまで活用法がなかった。同研究会が「軽石と町特産の魚を使った新商品を」と、火山灰を使った本州の伝統製法「灰干し」を参考に考案。同センターが適当な塩分濃度や製造時間などを調べ、乾熱滅菌処理による微生物試験で製造用資材としての安全性を確認した。

 軽石には全体積の約半分を占める無数の気孔があり、多くの水を溜められることが研究により判明。水を通す「半透膜セロハン」で焼き塩を振った魚を挟み、旨味成分のイノシン酸が低減しにくい5度以下で熟成、脱水する。浸透圧を利用して塩分を定着させ、軽石が水分を吸収する独自の製法を確立。ふっくらしたジューシーな肉質が特長だ。

 製造はイリエ船橋水産(鹿部68、船橋吉右衛門社長)が担う。船橋敦子専務は「魚の種類や大きさによって干す時間や塩加減が異なり、何度も失敗しながら突き詰めた」と苦労を語り「これほどおいしくできるとは。全ての工程が手作業なので手間はかかるが、きっと皆さんに好まれる商品になる」と笑顔を浮かべる。

 研究会の鈴木昌志事務局長は「軽石を用いた製法は全国で例がなく、今後は使う魚の種類を増やすことも考えている。魚本来のおいしさを家庭で手軽に味わってほしい」と力を込める。

 道の駅での販売価格(税込み)はソウハチガレイ(2枚)500円、アブラコ(開き)1300円、サバ(フィレ)350円。問い合わせは同社(01372・7・2010)へ。

関連記事

函館新聞

附属小2年小笠原君、7歳で英検2級合格【函館】

 道教育大附属函館小学校2年の小笠原煌(こう)君(7)が、高校卒業程度の力が求められる日本英語能力検定(英検)の2級に合格した。煌君は「うれしくて感動した」と会心の笑みを浮かべている。  煌君...

函館新聞

記録的大雪で明暗分かれる【函館】

 12月に入り、函館は思わぬ大雪に見舞われている。12日には1日に降った雪の量が37センチと、12月としては過去3番目を記録。例年より早い冬入りに道路の除雪が追いつかず、市民からは不満の声も出て...

室蘭民報

伊達高放送局が高文連コンのラジオ番組部門で全道1位【伊達】

 伊達高校放送局(大西萌局長、7人)が北海道高校文化連盟第40回放送コンテスト(11月16、17日・函館市)のラジオ番組部門で1位に輝いた。室蘭イタンキ浜鳴り砂を守る会(菊地富子会長)の活動を...

日高報知新聞

特産物PRや観光振興など 町長に6項目の提言書

【平取】平取中学校の生徒が11日、役場町長室で川上満町長に魅力的な町づくり向けた提言を行った。  来庁したのは生徒会長の原田隼君(2年)、副会長の石浦郁美さん(同)、岡田浩暉君(1年)の3人と小...

日高報知新聞

酒井氏が4期目出馬表明 来年4月の新ひだか町長選

【新ひだか】任期満了に伴う来年4月10日告示、同15日投開票の町長選挙に向け、現職の酒井芳秀氏(73)が4期目の出馬を表明した。12日開会の町議会定例会で、畑端憲行氏の一般質問に答えた。  酒井氏は「...