北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

駒ケ岳の軽石利用した干物完成 鹿部で10日から販売【鹿部】

軽石干しをPRする鈴木さん(左)と船橋さん

 町製品開発研究会(高橋昱彦(あきひこ)会長)と道立工業技術センター(函館)が共同開発した干物「軽石干し」が完成し、10日から道の駅「しかべ間歇泉公園」で販売する。駒ケ岳の軽石の吸水力を生かした製法で、前浜で取れるソウハチガレイとアブラコ、サバの旨味を凝縮。3年間の開発の末誕生した一品に、関係者は「鹿部の新たな魅力にしたい」とPRする。

 軽石は地下30センチ~1メートルほどの深さに位置。栄養分がなく肥料に適さないなど、これまで活用法がなかった。同研究会が「軽石と町特産の魚を使った新商品を」と、火山灰を使った本州の伝統製法「灰干し」を参考に考案。同センターが適当な塩分濃度や製造時間などを調べ、乾熱滅菌処理による微生物試験で製造用資材としての安全性を確認した。

 軽石には全体積の約半分を占める無数の気孔があり、多くの水を溜められることが研究により判明。水を通す「半透膜セロハン」で焼き塩を振った魚を挟み、旨味成分のイノシン酸が低減しにくい5度以下で熟成、脱水する。浸透圧を利用して塩分を定着させ、軽石が水分を吸収する独自の製法を確立。ふっくらしたジューシーな肉質が特長だ。

 製造はイリエ船橋水産(鹿部68、船橋吉右衛門社長)が担う。船橋敦子専務は「魚の種類や大きさによって干す時間や塩加減が異なり、何度も失敗しながら突き詰めた」と苦労を語り「これほどおいしくできるとは。全ての工程が手作業なので手間はかかるが、きっと皆さんに好まれる商品になる」と笑顔を浮かべる。

 研究会の鈴木昌志事務局長は「軽石を用いた製法は全国で例がなく、今後は使う魚の種類を増やすことも考えている。魚本来のおいしさを家庭で手軽に味わってほしい」と力を込める。

 道の駅での販売価格(税込み)はソウハチガレイ(2枚)500円、アブラコ(開き)1300円、サバ(フィレ)350円。問い合わせは同社(01372・7・2010)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

小学生の写真サークル発足 プロ招き技術学ぶ【十勝】

 十勝管内の小学生でつくる写真サークル「十勝フォトキッズ」が発足した。プロカメラマンを講師に約半年間、帯広市内を中心に月1、2回、写真講座を開く。小学生が自前で趣味やサークル活動の場を立ち上げるケ...

十勝毎日新聞

ばん馬の親子伸び伸び 今春オープン「ばんえい十勝牧場」【帯広】

 ばん馬の繁殖と育成に取り組む観光牧場として、今年4月にオープンした「ばんえい十勝農場」(帯広市泉町西9線、寄木貴広牧場長)。敷地内では生まれて間もない若駒に母馬が寄り添う姿が見られ、観光客らの人...

十勝毎日新聞

ロケット30日に再挑戦 IST【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は21日、延期していた高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを6月30日、7月1、4日の日程で行うと発表...

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...