北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

笑顔「大盛り」…室蘭市内で子ども食堂広がる【室蘭】

今年4月に行われた「なかよし食堂」の様子

 室蘭市内で、子どもたちに食事を提供する子ども食堂が広がっている。今年4月に東町のハートセンタービルで東地区の子どもたちを対象とした「なかよし食堂」(NPO法人室蘭母子福祉会主催)がスタート。白鳥台では、福祉施設で取り組みが行われた。子どもの食育対策と地域コミュニティー形成の場として徐々に成果が出ている。

2週間に1回

 「なかよし食堂」は4月8日に初回を開催し、11月25日現在で延べ478人が訪れた。2週間に1回のペースで実施。東町、寿町、日の出町、同法人で4グループをつくり、持ち回りで運営を担当している。

 始めたころは大人が多かったが、食堂のことが徐々に浸透し訪れる子どもが増えているという。呼び掛け人の黒光ひささんは「開催が土曜日とあって、祖父母の家やスクール児童館に行く子どもが多かったが、なかよし食堂のことも理解されてきました」と話す。

高齢者と交流

 交流の場の創出といった意味では成果が大きい。「東地区には中島地区のように町内で集まる場所がなかった。道からも視察に来てくれた」と注目度の高さを示す。食費無料の対象は高校生までだったが、大学生まで拡大。学習支援や障害者施設の利用者も訪れ、食事しながら親交を深めている。

 認知症カフェなどを運営する白鳥台のおたがいサロンでは、9月に子ども食堂を開催。子ども8人が集まり、施設の利用者らと交流した。細川正人施設長は「8人集まったことが成果」と強調。「子どもたちは核家族化で祖父母世代と触れ合う機会が少ない。コミュニティーを形成していく手段として活用できればと思う」と力を込める。

期待を寄せる

 冬休み期間中の今月25~29日、1月4~15日は毎日開催。高校生以下は無料にする。「子どもたちの状況を見るには、定期的に開催しなければいけない」と細川さんは継続実施する意義を語る。

 白鳥台では、来年4月の白蘭小の開校に合わせ、地域住民らが夏休み期間中に子ども食堂を実施する計画も進められているという。  室蘭市社会福祉協議会は「子どもの食育や生活困窮の解決に向け、室蘭社協の事業と連動させることも含めて支援していきたい」と期待を寄せている。

関連記事

苫小牧民報

むかわ竜のレプリカ作り進む 恐竜博で展示目指す

 恐竜骨格の復元や組み立ての専門会社「ゴビサポートジャパン」(群馬県神流町)のむかわ町穂別地区の工房で、国内最大の恐竜全身骨格化石「むかわ竜」のレプリカ作りが進められている。22日に見学会が開か...

苫小牧民報

赤いサイロ人気沸騰、カーリング女子選手「もぐもぐタイム」で話題-新千歳

 北見市で創業83年の老舗「清月」の銘菓「赤いサイロ」(5個入り、税込み840円)の人気が新千歳空港の土産店で沸騰している。今夜、韓国平昌冬季五輪カーリング競技3位決定戦にすべての力を尽くす女子...

十勝毎日新聞

金粉巻きで高木姉妹祝福 杉山店主、凱旋心待ち【幕別】

 平昌五輪スピードスケート団体追い抜きで金メダルを獲得した高木菜那選手(25)と妹の美帆選手(23)の活躍に沸く地元幕別町で、姉妹行きつけのすし店「竹葉寿司」(札内中央町)の杉山雪男店主(72...

十勝毎日新聞

トマム駅で貨物一時脱線 特急は終日運休 札幌-帯広【上川管内占冠村】

 24日午前3時55分ごろ、占冠村内のJR石勝線トマム駅構内で、列車の進路を切り替えるポイントの破損が見つかった。JR北海道が該当箇所を通過した貨物列車を調べたところ、貨車の車輪に傷が確認され...

十勝毎日新聞

「TPP復帰 本心ではない」 本紙・WSJ提携でランダース氏講演【帯広】

 十勝毎日新聞社と米国の日刊経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」の提携を記念した講演会が23日、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。WSJ東京支局長のピーター・ランダース氏らが、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス