北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

白い湯気もうもうと 歳暮時期の港に活気【小平】

 

歳暮用に出荷するタコをゆでるなど活気にあふれている小平町臼谷漁港

 小平町内の各漁港では、歳暮シーズンの12月からミズダコなどの出荷作業のピークを迎え、活気に包まれている。

 6年ぶりに復活した町の名物イベント「タコ箱漁オーナー」が開かれた町臼谷漁港では、より新鮮な状態で道内外の購入者に届けよう―と、漁港内のそれぞれの作業所では配送の直前にタコをゆで、フックに付けて干したあと、袋詰めする一連の作業が行われている。

 同イベントを主催した阿部漁業部(阿部喜三男代表)の作業所では、阿部代表や母の妙子さん(80)が、白い湯気がもうもうと立ちこめる作業所内で、ドラム缶のような大きな鍋でタコを豪快にゆでる作業を行っている。「盆と年末が特に忙しい。多い日は一日約60キロのタコをゆでるほど」と話し、鍋が噴きこぼれないよう水を差しながら、軟らかくも歯ごたえのある絶妙な食感を残すように50年以上の熟練の勘でゆであがりを確認しながら作業を進めていた。

 新星マリン漁業協同組合臼谷支所によると同漁港内でミズダコを取り扱っているのは6軒。出荷作業は12月いっぱいまで続く見込み。

関連記事

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードするこ...

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30...

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山...

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管...

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...