北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

北方館 初の16万人台視界に 入り込み好調【根室】

利用好調な北方館を視察する江﨑鐵磨北方担当相(左から4人目)

 北方領土問題に対する関心の高まりを反映してか納沙布岬の先端に建つ北方領土啓発施設・北方館(小田嶋英男館長)の入館者数が過去最高を記録しそうだ。11月末現在の来館者数は14万2,708人で、すでに前年度実績を突破。冬期間は来館者が極端に減少するものの、前年度は1万8,600人が利用しており、16万人突破も現実味を帯び、過去10年で最高を記録しそうだ。

 北方館は独立行政法人北方領土問題対策協会(荒川研理事長)が管理運営する北方領土啓発施設。毎年、観光客はじめ視察団が利用している。平成16年度からは、出入り口にカウンターを設置し、入館者の実数を集計している。

 今年は4月こそ例年並みに推移していたものの5月以降、軒並み前年を上回る好調さで、特に8月には3万2,589人と3万人を突破。11月も7,536人で前年度同期より25パーセント増となり、累計で14万2,708人と、前年度実績の14万1,878人をすでに830人上回った。過去10年で最高だった27年度の15万325人を突破するのは確実で、昨年度は12月から3月の来館者数が1万8,600人だったことを勘案すると、16万人台も見えてきた。

 昨年度は熊本地震の影響で九州地方からの来場が減少したほか、8月は台風7、9号の影響や特に8月31日の台風10号で交通網が寸断されるなど自然災害の影響をもろに受け、夏期間の利用が減少していたが、その影響が緩和されたことに加え、「景気回復の実感がない中、旅行が『安い・近い・短縮』となっていることから、道内からの見学者が増えたのが大きな要因ではないか」(小田嶋館長)と分析している。

 北方館の過去10年の来館者数を見ると、12万人前後で推移していたが、25年度に13万人台を記録。その後も増加傾向で、安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領との首脳会談が20回を数え、北方領土問題の解決に関心が高まっていることも要因と言えそうだ。

関連記事

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...

苫小牧民報

苫小牧のホッキ貝水揚げ 17年連続日本一

 苫小牧市の2016年ホッキ貝漁獲量は前年比30トン増の715トンで、産地の市町村別で17年連続日本一になったと、16日に同市が発表した。漁獲量全体の13%を占め、苫小牧産ホッキ貝のブランド力...

苫小牧民報

苫小牧市内の2河川、水質日本一に 苫小牧川下流と幌内川上流

 環境省がまとめた2016年度公共用水域水質測定結果で、苫小牧市内を流れる苫小牧川下流と幌内川上流が河川部門で水質日本一となった。数値が低いほど汚れが少ないことを示す水質の指標、BOD(生物化学...