北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

北海道新幹線、青函トンネル内で160キロ試験走行実施へ【函館】

青函トンネル内を走行する貨物列車。新幹線とすれ違う時に発生する風圧が問題となっている(2008年3月撮影)

 国とJR北海道が来年度にも、北海道新幹線で青函トンネル内の最高速度を時速140キロから160キロに引き上げるための試験走行を検討していることが11日、関係者への取材で分かった。安全性が確認されれば、2019年春にも、現在最速で4時間2分かかっている新函館北斗―東京間の3時間台が実現する。

 青函トンネル(約54キロ)を含む新幹線と貨物列車との共用走行区間(約82キロ)では、新幹線が高速走行すると、貨物列車とすれ違う際に風圧で貨物が崩れたり脱線したりする恐れがあるため、最高速度を時速140キロに制限している。

 国土交通省では北海道新幹線の高速化に向け、2012年に有識者でつくる青函共用走行区間技術検討ワーキンググループ(WG)を設置。今年6月までに9回の会議を開き、速度引き上げについて検討を進めている。

 これまでの会議では、鉄道建設・運輸施設整備支援機構や鉄道総合技術研究所による分析などを基に「新幹線が青函トンネル内を時速160キロで走行した際に、すれ違いによる貨物列車の走行安全性に問題ない」と結論付けている。年内にも予定する第10回会議で、地震発生時の安全性確保を検討し、問題がないと判断されれば、来年度にも共用走行区間での試験走行が始まる見通しだ。

 最高速度が引き上げられた場合、新函館北斗―東京間の所要時間が最大で10分間短縮され、飛行機ではなく新幹線を選ぶ目安とされる「4時間の壁」を突破する。

 開業2年目を迎えた本年度は、9月までの半年間で前年同期比約2割減となっており、地元経済界からは時間短縮により利用客の伸び悩みに歯止めが掛かることが期待されている。

関連記事

日高報知新聞

森林資源の有効活用【様似】

【様似】日高地区「森林・林業・林産業活性化を促進するための連絡会議」(賀集繁喜会長)主催の特別講演会が14日、町立様似図書館視聴覚ホールで開かれ、林野庁北海道森林管理局の新島俊哉局長が貴重な再生資源...

日高報知新聞

営農状況を現地調査【新ひだか・新冠】

【新ひだか・新冠】日高振興局の松浦英則局長による管内農業情勢現地調査が15日、新ひだか、新冠両町で行われ、ピーマン、ミニトマト、肉牛の選果場や生産農家を回り、現地の状況を確認した。  今年2月の大...

苫小牧民報

麻酔科医1人増で2人に 千歳市民病院、医師数過去最多39人

 市立千歳市民病院(190床)の麻酔科医が7月に1人増員され、3年ぶりに2人となる見通しだ。同病院では昨年以降、内科や外科で3人の医師が入職しており、病院全体の医師数は39人と過去最多になる。同...

苫小牧民報

豪華な飾りや塗装 苫小牧でデコトラ展示、募金イベント

 電飾やペイントなどで派手に装飾したデコレーショントラック(デコトラ)を全国から集めたチャリティーイベントが17日、苫小牧市若草町の中央公園で行われた。道内のデコトラ愛好家でつくる、北海道はまな...

釧路新聞

自然の驚異を堪能/砂岩脈「春採太郎」観察会【釧路】

 釧路市天然記念物に指定されているが、なかなか目にすることができない興津海岸の砂岩脈の観察会が16日、同海岸で行われた。根室高校の科学部が初めて参加したのをはじめ10人が参加し、流れ着いた昆布が...