北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ショパン国際ピアノコンクールinASIA全国大会出場【函館】

ショパン国際ピアノコンクールinASIA全国大会ヘの出場を決めた(前列左から)笠島さん、茂呂さん。後列は伊藤さん

 来年1月に東京と神奈川で開かれる「第19回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA」の全国大会に、青森地区大会で好成績を収めた笠島康生さん(函館中部高校1年)と茂呂玲奈さん(函館北中学校2年)が出場する。ともに初めて全国レベルの大会に参加し成し遂げた快挙で、さらなる上位ステージの「アジア大会」進出を目指して練習に励んでいる。

 同コンクールは、ポーランドで5年ごとに開催される世界最高峰の腕を競う「ショパン国際ピアノコンクール」とは直接関係がないが、アジアから国際レベルの優れた演奏家を発掘・育成する目的で毎年開催。日本国内38カ所で地区大会を行い、各部門の上位入賞者が全国大会に進出。さらにファイナルステージとしてアジア大会の場が用意されている。

 今回、道南から地区大会を突破し全国大会に出場を決めた笠島さんと茂呂さんは、ともに函館在住のピアノ講師・伊藤亜希子さんの下で研さんを積んでいる。

 笠島さんは高校生の部で最高位の金賞を受賞。本格的なコンクールに挑戦するのは初めてだったが、自ら選曲した「スケルツォ第1番」を「いざステージに立つと緊張せずに演奏することができた」と満足の様子。全国では「エチュード作品25の10」も課題曲に加わるが「音楽の楽しさを観客に伝えられるように頑張りたい」と意欲を見せる。

 茂呂さんは中学生の部で銀賞を獲得。「大好きなのでどうしても弾きたかった」という難曲「ポロネーズ第5番」を堂々と弾ききった。伊藤さんも「あの複雑な作品をしっかり演奏したのには驚いた」とたたえる。全国では「エチュード作品10の9」にも挑戦。「自分の力を出し切りたい」と意欲を見せている。

 伊藤さんは「2人とも音楽が大好きで、楽しみながら演奏しているのが素晴らしい。全国大会のレベルは高いが、刺激を受けながらさらに飛躍する場にしてほしい」と期待している。

 同コンクールの全国大会は1月3日~11日に昭和音楽大学(神奈川)などで実施。上位入賞者は7日~16日に同会場などで開かれるアジア大会に出場する。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の有権者 農業、子育て 政策注視 道知事選【十勝】

 21日に告示された道知事選は16年ぶりの新人対決となり、北海道の未来を託す新リーダーが誕生する。十勝の有権者は農業や子育て支援、経済、災害対策などに関心が高く、実行力を伴った具体的な政策論争の深...

十勝毎日新聞

若手役場職員が提言書 町長に手渡す【池田】

 池田役場の30歳以下の職員で組織した若手有志の会「いけだFPSプロジェクト」(略称いけプロ・宗像瞭代表、36人)は19日、町社会福祉センターに勝井勝丸町長を招いて自主研修グループ提言会を開いた。...

十勝毎日新聞

大雪山系の案内板設置 市街一望の神居山展望台【本別】

 本別の自然などを紹介している「森と川の舎」(新津和一会長、会員14人)のメンバーが19日、神居山(かむいやま、190メートル)の展望台に案内板を設置した。一望できる大雪山系の山々の名称を記し、散...

苫小牧民報

北海道知事選告示、与野党一騎打ち 被災地で第1声

 第19回統一地方選のトップを切り、道知事選が21日、告示された。野党統一候補となる石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、社民、自由推薦=と与党陣営が擁立した鈴木直道氏(38)=自民、公明...

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...