北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「閻魔やきそば」が北海道ご当地ラリーに参加【登別】

ラリーに使うパスポート

 登別閻魔(えんま)やきそばの会(名畑泰昌会長)は、11日から始まったご当地焼きそばを食べるイベント「焼きそば王国北海道!ご当地焼きそばラリー」に参加している。道内7エリアの一つとして、"おらがまち"の名物をPRする。

 ラリーは北海道ご当地焼きそば連携プロジェクト実行委員会が主催し今回で2回目。道産小麦や地元食材を使って昔から食べられているソウルフードが各地にあることから、地元名物の発信に取り組んでいる。同実行委事務局のブレナイ社(札幌)は「個々にPRするのではなく、焼きそばで盛り上げる地域全体で取り組みたい」と狙いを語る。

 同会加盟店のうち26店が参加対象。登別のほか苫小牧ホッキやきそばに加え、小樽、旭川、北見、オホーツク、北海道ジンギスカン(函館など)の各エリア別の焼きそばを一つ食べてシールを集める。集まったシールの数に応じて抽選で景品が当たる。登別閻魔やきそばせんべいなどご当地にちなんだ逸品を用意している。

 名畑会長は「地域ごとでたくさんのオリジナル焼きそばがあり、食べ比べてみるのも面白い。離れているエリアもあるが、ご当地グルメで盛り上がっている地域の空気感も楽しんでもらいたいですね」と話している。

 ラリーに使うパスポートや参加店一覧、専用応募はがきはブレナイ社ホームページから印刷できる。来年4月1日消印有効。問い合わせは同社、電話011・231局1713番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

カフェで酪農身近に 牧場産のスイーツ提供【広尾】

 広尾町内の酪農牧場「菊地ファーム」(野塚11線6ノ2、菊地亮太代表)に、カフェがオープンした。牧場産の生乳で作ったソフトクリームやジェラート、育てた牛の肉を使ったハンバーガーなどを提供し、酪農現...

十勝毎日新聞

十勝の肉丼食べ比べ 牛、豚、鶏…9種類に行列【清水】

 肉の祭典「十勝清水 肉・丼(どんぶり)まつり」(実行委主催)が16日、町有明公園で開かれた。地元産の十勝若牛や豚、鶏、羊などを使った9種類の丼が集結し、大勢の家族連れが食を堪能した。  肉...

十勝毎日新聞

縄文の味 そばシンポに 「対州」試食提供【新得】

 日本で最も早くそばが伝来した長崎県対馬産の「対州そば」が15日、新得町公民館で開かれる「そばシンポジウム-新得町からの発信」(しんとく新そば祭り実行委員会)で、来場者に試食用として振る舞われる...

十勝毎日新聞

全国から43店うまいもの集合 藤丸【帯広】

 「第69回全国うまいもの大会」が13日から藤丸7階催事場で始まった。第1弾は新規2店を含む43店が出店し、多くの買い物客でにぎわっている。18日まで。  同大会は年2回実施。胆振東部地震の影...

室蘭民報

温泉街に足運んで、風評克服へ多彩な試み【洞爺湖】

 胆振東部地震で被害がなかった洞爺湖温泉街の安全性をPRして観光客を呼び戻そうと、とうや湖温泉旅館組合(三浦和則組合長)は、風評被害対策のキャンペーンを相次いで企画した。今月末までの期間中、洞...