北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「閻魔やきそば」が北海道ご当地ラリーに参加【登別】

ラリーに使うパスポート

 登別閻魔(えんま)やきそばの会(名畑泰昌会長)は、11日から始まったご当地焼きそばを食べるイベント「焼きそば王国北海道!ご当地焼きそばラリー」に参加している。道内7エリアの一つとして、"おらがまち"の名物をPRする。

 ラリーは北海道ご当地焼きそば連携プロジェクト実行委員会が主催し今回で2回目。道産小麦や地元食材を使って昔から食べられているソウルフードが各地にあることから、地元名物の発信に取り組んでいる。同実行委事務局のブレナイ社(札幌)は「個々にPRするのではなく、焼きそばで盛り上げる地域全体で取り組みたい」と狙いを語る。

 同会加盟店のうち26店が参加対象。登別のほか苫小牧ホッキやきそばに加え、小樽、旭川、北見、オホーツク、北海道ジンギスカン(函館など)の各エリア別の焼きそばを一つ食べてシールを集める。集まったシールの数に応じて抽選で景品が当たる。登別閻魔やきそばせんべいなどご当地にちなんだ逸品を用意している。

 名畑会長は「地域ごとでたくさんのオリジナル焼きそばがあり、食べ比べてみるのも面白い。離れているエリアもあるが、ご当地グルメで盛り上がっている地域の空気感も楽しんでもらいたいですね」と話している。

 ラリーに使うパスポートや参加店一覧、専用応募はがきはブレナイ社ホームページから印刷できる。来年4月1日消印有効。問い合わせは同社、電話011・231局1713番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

広尾スナエビでカレー 見た目イマイチ 風味抜群【帯広】

 広尾漁協青年部(辻田基樹部長、32人)はシシャモ漁で混獲される広尾産スナエビ(愛称・広尾えびじゃこ)の消費拡大を進めている。22日から帯広市内のカレー店「十勝スープカリーBelieve」(清...

室蘭民報

白老牛を今年も札幌で2月21、22日にアピール【札幌】

 白老最大の集客イベント「白老牛肉まつり」の名前を冠したグルメイベントが2月21、22の両日、札幌市中央区のジャスマックプラザホテル5階のイベントホール・ザナドゥで開催される。「シェフが丁寧に...

根室新聞

6日から「牡蠣の柳川丼」道の駅スワン44【根室】

 道の駅スワン44ねむろが月替わりで提供する「44ランチ」1月のメニューに、旬の牡蠣を使った「牡蠣の柳川丼」=写真=が登場する。直営レストランバードパルで、6日から31日まで。  「牡蠣の柳川丼」は、...

名寄新聞

地元カボチャの甘酢漬け販売【下川】

 町農産物加工研究所(梅坪亮二所長)は、地元産カボチャ「栗味」の甘酢漬けを開発し、18日から販売している。販売担当の高野英昭さんは「小さいカボチャを半分にして漬け、皮まで柔らかく、子どもから高齢...

十勝毎日新聞

シカ肉とフキの缶詰「秘境めし」商品化 浜田旅館【陸別】

 陸別町内の浜田旅館(陸別37)が、混ぜご飯の素(もと)となるシカ肉とフキの缶詰「秘境めし」を商品化した。1月から道の駅オーロラタウン93りくべつ内の観光物産館などで販売され、新たな陸別の特産が...