北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

旧かんぽの宿「観光客呼べる」 ホテルテトラ・三浦社長に聞く【音更】

 音更町十勝川温泉地区にある「かんぽの宿十勝川」を買収、改装した「ホテルテトラ」(函館、三浦孝司社長)が、8日に「ホテルテトラリゾート十勝川温泉」をプレオープンさせた。全国23ホテルを経営し、低迷する複数の施設を復活させた経験を持つ三浦社長(59)に新ホテルの再生案などを聞いた。

自身をモチーフにした人形を設置した三浦社長

 -かんぽの宿の買収を決めたポイントは。

 JR帯広駅から車で20分ほどの好立地で、地域には空港もある。敷地内に泉源があり、観光客を呼べると総合的に判断した。

 かんぽの宿は3年ほど使われていなかったので、設備や配管はひどく傷んでいた。使えるレベルに戻すだけでも結構費用が掛かったが、空き施設を稼働することで地域貢献にもなると思った。

 -まずは素泊まりから開始した。

 課題だった調理人も地元から複数人確保でき、レストラン部門の運営を16日から開始する予定だ。当面は和食と中華を提供し、地場産食材の活用も進めたい。これで食事付きの宿泊体制も整う。

 旧かんぽ時代から地元に親しまれてきた。日帰り入浴は600円とし、すでに受け入れを開始。さらに食事との格安セットも近く始める。16日から開業記念で日帰り入浴客対象に「新得産一口そば」を付けるサービス(今月末まで)を行う。

 現段階で確保できているスタッフは予定の半数程度、グループ内からの応援で対応しているが、支配人を含め、基本的には地元雇用を進める。インバウンド(訪日外国人旅行者)対応に力を入れており、外国語の対応スタッフには手当を支給するなど給与面も優遇している。

 -今後、どういった集客を考えているか。

 グループの知名度を生かし、観光関係のインターネット情報や雑誌を中心にPRする。また、自身で海外の旅行会社などを訪れ、インバウンド誘致の活動を続け、グループ内のインバウンドの集客率は高いと自負している。そのネットワークを使い、積極的に十勝もルートに入れてもらうよう動いている。

 来年2月、中国の旧正月に合わせ団体予約が複数入っている。年間で全体の半数ほどをインバウンドと見込む。増えることで十勝への経済効果が出ると思う。十勝川の新ホテルの初年度売上高は2億円を目指す。

<ホテルテトラ> 函館で設立。札幌や層雲峡、東京、長野、北九州などで23のホテルを運営する。音更と同時に横手(秋田)のかんぽ施設も買収しており、来春のオープンを計画。現段階で十勝川温泉旅館協同組合には入っていない。十勝川の新ホテルの問い合わせは電話0155・46・2177。

関連記事

室蘭民報

救急救命士・朽木さんが気管挿管認定【伊達】

 西胆振行政事務組合伊達消防署の警防課救急係に所属する救急救命士・朽木麻里奈さん(28)が、傷病者の気道に管を挿入し、呼吸を管理する医療行為ができる「気管挿管」の認定を受けた。胆振管内の女性隊...

室蘭民報

「カヌー好き増えて」…首藤さんがB&Gに寄贈【室蘭】

 室蘭のカヌー愛好家、首藤光宏さん(71)が、室蘭市B&G海洋センターにカヌーを寄贈した。B&Gは、親子連れや大人向けの教室を毎年開催するなどカヌーの普及に注力。首藤さんは「これを機に室蘭でも...

室蘭民報

室蘭市が「浜焼き」など19年度に実証実験【室蘭】

 「食」「アクティビティ(体験)」「特産品・お土産」の観点から既存の観光資源を組み合わせ地域活性化を図る、道の「稼ぐ観光」具体化実践モデル事業の第2回検討会議が19日、室蘭市役所で開かれ、事務...

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...