北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

元気くんバーガー登場 100%本別産食材【本別】

 道の駅ステラ★ほんべつに、100%本別産食材を使った「元気くんバーガー」が登場した。テークアウト商品の充実を図ろうと、2年がかりの第1弾。香ばしく、こってりした黒豆みそソースが豚肉とキャベツによく合う。

本別のマスコットキャラクター「元気くん」が焼き印された地元食材100%のハンバーガー

 町内の前田農産の小麦で作ったバンズ(直径10センチ)には豆の町・本別のマスコットキャラクター「元気くん」が焼き印されている。本寺牧場の「肉のマルホン」の豚ハンバーグは80グラム、三崎農場のキャベツはたっぷりの25グラム、黒豆みそソースは道の駅内のレストラン秀華が加工した。

 道の駅を運営するNPO法人銀河ほんべつは2年前、道の駅人気を支えるテークアウト商品を作ろうと思案したが、厨房(ちゅうぼう)の水回りの環境が整わずにいた。パンなどの菓子製造を続ける中、先月、道東の先進道の駅を視察すると「やはりハンバーガー系はどこにもある」(今村周平事務局次長)と奮起。工事に着手し、保健所から飲食店営業の許可を受けた。

 10日は元気くんバーガーのお試しセールを行い、用意した37個は完売。今後は月曜と火曜日に1日10個の限定で販売していく。1個400円。今村事務局次長は「地元の協力があっての第1弾」とし、来年に向けても続く商品に知恵を絞る考え。

 問い合わせは同道の駅(0156・22・5819)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

広尾スナエビでカレー 見た目イマイチ 風味抜群【帯広】

 広尾漁協青年部(辻田基樹部長、32人)はシシャモ漁で混獲される広尾産スナエビ(愛称・広尾えびじゃこ)の消費拡大を進めている。22日から帯広市内のカレー店「十勝スープカリーBelieve」(清...

室蘭民報

白老牛を今年も札幌で2月21、22日にアピール【札幌】

 白老最大の集客イベント「白老牛肉まつり」の名前を冠したグルメイベントが2月21、22の両日、札幌市中央区のジャスマックプラザホテル5階のイベントホール・ザナドゥで開催される。「シェフが丁寧に...

根室新聞

6日から「牡蠣の柳川丼」道の駅スワン44【根室】

 道の駅スワン44ねむろが月替わりで提供する「44ランチ」1月のメニューに、旬の牡蠣を使った「牡蠣の柳川丼」=写真=が登場する。直営レストランバードパルで、6日から31日まで。  「牡蠣の柳川丼」は、...

名寄新聞

地元カボチャの甘酢漬け販売【下川】

 町農産物加工研究所(梅坪亮二所長)は、地元産カボチャ「栗味」の甘酢漬けを開発し、18日から販売している。販売担当の高野英昭さんは「小さいカボチャを半分にして漬け、皮まで柔らかく、子どもから高齢...

十勝毎日新聞

シカ肉とフキの缶詰「秘境めし」商品化 浜田旅館【陸別】

 陸別町内の浜田旅館(陸別37)が、混ぜご飯の素(もと)となるシカ肉とフキの缶詰「秘境めし」を商品化した。1月から道の駅オーロラタウン93りくべつ内の観光物産館などで販売され、新たな陸別の特産が...