北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

もち米サポーター養成塾修了式【名寄】

力を振り絞りながら餅をつく塾生たち

 第4回「もち米サポーター養成塾」(村中洋一塾長)が9日に名寄市総合福祉センターで開かれた。塾生たちは、なよろもち大使と一緒に餅つきを体験。修了式も行われ、活動を振り返った。

 名寄市食のモデル地域実行協議会(臼田進会長)による事業で、生産日本一を誇る名寄のもち米を市民の誇りとしてもらおう―と同塾を企画。一年を通して生産者と交流して学ぶことを目指し、今年は4回開講。小学生から一般まで塾生14人が受講した。4月にもみまき見学、5月に田植え体験、10月に稲刈り体験を行い、今回の修了式を迎えた。

 なよろ名誉もち大使の水間健詞さんと及川友和さん、11代目なよろもち大使の今田正志さんと大出崇博さんによる餅つき講座でスタート。村中塾長のほ場で収穫した新米の「はくちょうもち」15キロを用意した。続いて、塾生たちがもち大使と一緒に餅つきを体験。重たいきねの扱いに苦労しながらも、手に力を込めて餅をつき、でき上がっていく様子を実感。つき上がった餅は正月用ののし餅として作った。また、バターしょうゆや、きな粉をまぶして試食。バターの塩味が餅ともマッチするなど新たな食べ方、おいしさを発見していた。

 修了式が行われ、久保和幸副市長から塾生に「もち米サポーター」の認定書が贈られた。

関連記事

日高報知新聞

森林資源の有効活用【様似】

【様似】日高地区「森林・林業・林産業活性化を促進するための連絡会議」(賀集繁喜会長)主催の特別講演会が14日、町立様似図書館視聴覚ホールで開かれ、林野庁北海道森林管理局の新島俊哉局長が貴重な再生資源...

日高報知新聞

営農状況を現地調査【新ひだか・新冠】

【新ひだか・新冠】日高振興局の松浦英則局長による管内農業情勢現地調査が15日、新ひだか、新冠両町で行われ、ピーマン、ミニトマト、肉牛の選果場や生産農家を回り、現地の状況を確認した。  今年2月の大...

苫小牧民報

麻酔科医1人増で2人に 千歳市民病院、医師数過去最多39人

 市立千歳市民病院(190床)の麻酔科医が7月に1人増員され、3年ぶりに2人となる見通しだ。同病院では昨年以降、内科や外科で3人の医師が入職しており、病院全体の医師数は39人と過去最多になる。同...

苫小牧民報

豪華な飾りや塗装 苫小牧でデコトラ展示、募金イベント

 電飾やペイントなどで派手に装飾したデコレーショントラック(デコトラ)を全国から集めたチャリティーイベントが17日、苫小牧市若草町の中央公園で行われた。道内のデコトラ愛好家でつくる、北海道はまな...

釧路新聞

自然の驚異を堪能/砂岩脈「春採太郎」観察会【釧路】

 釧路市天然記念物に指定されているが、なかなか目にすることができない興津海岸の砂岩脈の観察会が16日、同海岸で行われた。根室高校の科学部が初めて参加したのをはじめ10人が参加し、流れ着いた昆布が...