北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

酒井氏が4期目出馬表明 来年4月の新ひだか町長選

12日の町議会で4選出馬を表明した酒井氏

【新ひだか】任期満了に伴う来年4月10日告示、同15日投開票の町長選挙に向け、現職の酒井芳秀氏(73)が4期目の出馬を表明した。12日開会の町議会定例会で、畑端憲行氏の一般質問に答えた。

 酒井氏は「(次期の町長選出馬について問われた)9月定例会で『今、この時点でやめる心境にない』と答えたが、その思いは約3カ月経過した今も責任という視点、自身の健康という視点からも変わっていない。従って、次期も出馬させていただく」と答弁した。

 この後、報道陣の取材に対して、酒井氏は責任という視点について、3期目の公約として掲げた町立静内病院内に人工透析施設を備えた「循環器センター」構想や三石ハウス団地の推進、町財政の健全化などの課題が残っていることや、JR日高線の存続に向けて日高町村会長としてリードする立場にあることから、「これらの課題を途中で捨てていくことはできない」と話し、自身の健康状態については「食欲があり過ぎるほど元気だ」と体調面でも不安がないことを強調した。

 これまでの3期12年の町政運営に対しては「公約は100%達成できるものではないが、手を付けていることもあるので合格点を与えられるのでは」と自己採点。今後については、多忙であることから「後援会の方との会合を持てていない。後援会の理解を得て日を定め、正式に出馬することを皆さんにお知らせしたい」とも述べた。

 酒井氏は昭和19年9月15日生まれで旧三石町出身。北大工学部卒業後、会社役員などを経て58年の道議選に初当選して以来5期連続当選し、平成13年には議長を務めた。15年4月に道知事選に出馬したが落選。16年8月に旧静内町長選に出馬して現職を破って当選。18年4月に旧静内町と旧三石町の合併により誕生した新ひだか町長選に出馬して無投票当選。22年4月の町長選は新人との一騎打ちで当選。26年4月の町長選は無投票当選。

 新ひだか町長選については、酒井氏が初めての出馬表明で、今のところは対抗馬の動きはない。

関連記事

日高報知新聞

看護の道へ第一歩【浦河】

 浦河赤十字看護専門学校(武岡哲良学校長)=浦河町東町ちのみ1=の第29回戴帽式が19日、浦河赤十字病院4階体育館で行われ、厳かな雰囲気の中、今春入学した1年生男女27人が看護の道への第一歩を踏み出...

日高報知新聞

イオン静内店営業再開【新ひだか】

【新ひだか】9月6日の胆振東部地震で店舗の損壊被害に遭い、臨時休業していた静内末広町2のイオン静内店(横山秀雄店長)が20日、45日ぶりに営業を再開した。再開を心待ちにしていた来店客で終日にぎわった。 ...

苫小牧民報

実と花が同時に 駅北広場の梨の木に珍現象-白老

 白老町のJR白老駅北側にある駅北広場内の梨の木が、実を付けると同時に小さな白い花を咲かせている。不思議な現象に地域住民も驚きの表情で眺めており、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構果...

室蘭民報

輪西八条アトリエのものづくりイベント好評【室蘭】

 ボルト人形ボルタを生み出したNPO法人テツプロ(塩澤尚志理事長)は21日、室蘭市輪西町の輪西八条アトリエでものづくりをテーマにしたイベントを開いた。訪れた親子連れが椅子や銅板バッジなどの手作り...

室蘭民報

ホッキ2千袋が完売、漁港イベントにぎわう【苫小牧】

 漁獲量日本一の特産品・ホッキ貝をPRするイベント「第8回苫小牧漁港ホッキまつり」が21日、苫小牧港西港漁港区で開かれた。青空が広がる絶好のイベント日和に、市内外から多くの家族連れや買い物客が詰...