北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

伊達高放送局が高文連コンのラジオ番組部門で全道1位【伊達】

ラジオ番組部門で1位になった伊達高放送局。前列中央が市川さん、同左が谷口さん

 伊達高校放送局(大西萌局長、7人)が北海道高校文化連盟第40回放送コンテスト(11月16、17日・函館市)のラジオ番組部門で1位に輝いた。室蘭イタンキ浜鳴り砂を守る会(菊地富子会長)の活動を取り上げ、会員の思いに寄り添い作品を仕上げた。来年8月に長野県で開かれる全国高校総合文化祭への出場権を得た。

 コンテストでは「アナウンス」「朗読」「ラジオ番組」「ビデオメッセージ」「テレビCM」を実施。「ラジオ番組」には40校がエントリーした。

 同校の作品名は「天使と歩む、ちいさないっぽ」。室蘭の鳴り砂は石英結晶体が摩擦を起こし音を出す。砂の中にある水晶と同じ輝きを放つ結晶体を「天使の涙」という。菊地会長をはじめ、守る会メンバーらの活動する姿、人間関係を作品名に重ね合わせた。

 制作の中心となったのが1年生の市川千紗都さんと谷口優季さん。島根県、京都府、宮城県の鳴り砂を取り寄せ、作品の効果音として使うなど工夫を凝らした。インタビューなど録音時間は計10時間以上。「鳴り砂の音とり、編集、インタビューの音処理など大変だった」(市川さん)。先輩にアドバイスをもらい作品を5分にまとめた。

 顧問の船水裕貢教諭は効果音、構成を評価しながら「何よりも菊地会長をはじめ会員の思いが生徒に乗り移るように作品で表現できていた」と話す。谷口さんは「(1位に選ばれ)泣きそうなくらいうれしかった。取材するたびに新しい発見があり楽しかった」とにっこり。

 市川さんは「小さな活動が大きな広がりを見せることを伝えたかった。全国高校総合文化祭ではもう一度構成し直し良い作品を作りたい」と意気込んだ。

関連記事

日高報知新聞

旬のウニに約4千500人【様似】

【様似】前浜の春ウニを味わう「第10回さまにウニまつり」が19日、本町3の国道沿いエンルム海岸特設会場で開かれた。晴天の行楽日和のもと、町内外から約4500人が訪れ、採れたての新鮮ウニや魚介類を網...

日高報知新聞

日高管内からは5人

 政府は21日付で令和元年春の叙勲受章者を発表した。全国総数4226人で、うち道内居住者は230人。日高管内からは長年にわたって各分野で地域の発展に尽くした元えりも漁協組合長の平野正男さんら5人が晴...

苫小牧民報

安平のSL、日本遺産に 北海道の「炭鉄港」認定で

 文化庁が20日付で発表した、各地の文化財に物語性を持たせて観光振興などにつなげる「日本遺産」。今年度は安平町など12市町で組織する北海道の「炭鉄港」(たんてつこう)を軸にした「本邦国策を北海道...

苫小牧民報

「ララ」です。会いに来てね 赤ちゃんラマの名前決まる-えこりん村

 恵庭市牧場のテーマパーク「えこりん村」は19日、4月に同村にやって来た赤ちゃんラマの名前を人気投票で「ララ」に決定した。担当の飼育員は「他の動物と仲良くしながら元気に成長してほしい」と話してい...

苫小牧民報

駒大苫高、女子硬式野球部を創設 全国制覇目指し、環境も整備

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、同校で記者会見を開き、2020年4月に女子硬式野球部を創設すると発表した。道内では札幌新陽高校に次ぎ2校目の女子野球部となる。笹嶋校長は「やるなら上を目...