北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

附属小2年小笠原君、7歳で英検2級合格【函館】

合格証明書を手に笑顔を見せる小笠原君

 道教育大附属函館小学校2年の小笠原煌(こう)君(7)が、高校卒業程度の力が求められる日本英語能力検定(英検)の2級に合格した。煌君は「うれしくて感動した」と会心の笑みを浮かべている。

 煌君は幼稚園年中から市内の英語教室に通い、年長で5、4、3級に、今年2月に準2級に合格。「2級は低学年のうちに取れれば、と思っていた。まさか一発で受かるとは」と目を細める。

 覚える単語の量が格段に増え「一気にたくさん覚えるのが大変だった」と振り返る。テキストに書かれている日本語の意味や漢字の読み方が分からない煌君のために、母の幸美さんが振り仮名を振りながら毎日勉強。二人三脚で合格をサポートした幸美さんは「準2級の比ではないほど頑張った」と努力をたたえる。

 一次試験の筆記は85分間あるが、煌君は50分で解き終わり、じっくりと見直しができたという。課題の文章についての考えをまとめるライティングも自分の意見を回答。得意のリスニングで点数を上乗せし、11月中旬の二次試験に臨んだ。面接は3級、準2級と経験したことで「それほど緊張しなかった」。同27日に合格発表があり、インターネットで幸美さんが合格を確認。煌君は「おじいちゃん、おばあちゃんが喜んでくれたのがうれしかった」とほほ笑む。

 次のステップ、準1級受験については「受けたい気持ちはあるけど、壁は2級の3倍高い。3倍以上勉強しないと受からない」と気を引き締める。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の有権者 農業、子育て 政策注視 道知事選【十勝】

 21日に告示された道知事選は16年ぶりの新人対決となり、北海道の未来を託す新リーダーが誕生する。十勝の有権者は農業や子育て支援、経済、災害対策などに関心が高く、実行力を伴った具体的な政策論争の深...

十勝毎日新聞

若手役場職員が提言書 町長に手渡す【池田】

 池田役場の30歳以下の職員で組織した若手有志の会「いけだFPSプロジェクト」(略称いけプロ・宗像瞭代表、36人)は19日、町社会福祉センターに勝井勝丸町長を招いて自主研修グループ提言会を開いた。...

十勝毎日新聞

大雪山系の案内板設置 市街一望の神居山展望台【本別】

 本別の自然などを紹介している「森と川の舎」(新津和一会長、会員14人)のメンバーが19日、神居山(かむいやま、190メートル)の展望台に案内板を設置した。一望できる大雪山系の山々の名称を記し、散...

苫小牧民報

北海道知事選告示、与野党一騎打ち 被災地で第1声

 第19回統一地方選のトップを切り、道知事選が21日、告示された。野党統一候補となる石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、社民、自由推薦=と与党陣営が擁立した鈴木直道氏(38)=自民、公明...

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...