北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

御朱印帳にシマエナガ 帯廣神社で元旦から頒布【帯広】

仲間を導くシマエナガと清めの雪をモチーフとした帯廣神社オリジナルの御朱印帳

 帯廣神社(帯広市東3南2、大野清徳宮司)が、同神社境内にも現れる野鳥「シマエナガ」をモチーフにしたオリジナルの御朱印帳を作った。佐々木昌和権禰宜(ごんねぎ)は「参拝者の安全祈願を込めている」と話している。

 御朱印帳は各神社などで参拝の証しとしてもらえる「御朱印」を記入するのに使う。帯廣神社の御朱印帳は大野宮司が考案。シマエナガと雪をデザインにあしらい、冬らしい白と水色を基調とする装丁が特徴だ。

 シマエナガは北海道にしかいないエナガの亜種で、国内の野鳥では2番目に小さいとされる。丸みを帯びた白い体に、「エナガ」の名前の由来となった長い尾を持ち、つぶらな瞳がとても愛らしい。同神社でも秋から春にかけて現れるが、見られるのは1週間に1度ほど。シジュウカラ、ハシブトガラなどの野鳥と一緒にいることが多く、移動の際は、その先頭を行くという。

 佐々木権禰宜は「神道で雪は、塩や水と同じく汚れを払うとされるている。寒さだけでなく、清らかさを持ち合わせた雪と、仲間を先導するシマエナガとを組み合わせることで、参拝旅行の無事と順調を祈念している」と説明している。

 御朱印帳は初穂料1500円。来年1月1日から同神社で頒布する予定。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...