北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

御朱印帳にシマエナガ 帯廣神社で元旦から頒布【帯広】

仲間を導くシマエナガと清めの雪をモチーフとした帯廣神社オリジナルの御朱印帳

 帯廣神社(帯広市東3南2、大野清徳宮司)が、同神社境内にも現れる野鳥「シマエナガ」をモチーフにしたオリジナルの御朱印帳を作った。佐々木昌和権禰宜(ごんねぎ)は「参拝者の安全祈願を込めている」と話している。

 御朱印帳は各神社などで参拝の証しとしてもらえる「御朱印」を記入するのに使う。帯廣神社の御朱印帳は大野宮司が考案。シマエナガと雪をデザインにあしらい、冬らしい白と水色を基調とする装丁が特徴だ。

 シマエナガは北海道にしかいないエナガの亜種で、国内の野鳥では2番目に小さいとされる。丸みを帯びた白い体に、「エナガ」の名前の由来となった長い尾を持ち、つぶらな瞳がとても愛らしい。同神社でも秋から春にかけて現れるが、見られるのは1週間に1度ほど。シジュウカラ、ハシブトガラなどの野鳥と一緒にいることが多く、移動の際は、その先頭を行くという。

 佐々木権禰宜は「神道で雪は、塩や水と同じく汚れを払うとされるている。寒さだけでなく、清らかさを持ち合わせた雪と、仲間を先導するシマエナガとを組み合わせることで、参拝旅行の無事と順調を祈念している」と説明している。

 御朱印帳は初穂料1500円。来年1月1日から同神社で頒布する予定。

関連記事

日高報知新聞

信用部門の譲渡を採択【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協(西村和夫組合長、正組合員350人)の第71回通常総会が17日、町公民館で開かれた。来年1月12日を譲渡日に、貯金や貸付業務の信用部門を北海道信用農業協同組合連合会(北海道信連)...

日高報知新聞

ホッカイドウ競馬開幕【日高】

【日高】ホッカイドウ競馬「グランシャリオナイター」が17日、門別競馬場で開幕した。今年も11月7日まで80日間全日程を同競馬場でナイター開催する。  気温も高く快晴の好天に恵まれたこの日午後2時、開門と...

十勝毎日新聞

十勝の可能性知る新授業 道外出身者に魅力伝える【帯広】

 帯広畜産大学(奥田潔学長)で17日、新たな講義として「とかち学~十勝のキーマンから学ぶ~」が始まった。大学がある十勝の特色について、学外の行政や地域団体関係者、民間企業経営者らを講師に理解を...

十勝毎日新聞

岩松小の思い出語ろう 解体控え「お別れ会」 5月6日【新得】

 岩松小学校の閉校後、地域の集会場として活用してきた岩松福祉館(町屈足)が、老朽化の影響で今年度中に解体されることが決まった。同校卒業生が5月6日午前10時から、同所で「旧岩松小学校お別れ会」の開...

十勝毎日新聞

起業に加え商品開発も とかち財団、支援拡充【帯広】

 とかち財団(帯広市、長澤秀行理事長)は今年度、創業・起業、事業創発の促進を目的に、「十勝ビジネス支援プロジェクト2019」を展開する。昨年度から実施している3事業に加えて、新規事業として「十...