北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「鉄路維持に関心を」 知事ら出席しフォーラム【札幌】

鉄路を中心に公共交通の在り方について意見を交わしたフォーラム

 JR北海道の路線見直し問題を中心に、道内全体の公共交通網の在り方について意見を交わす、道主催のフォーラムが17日、札幌市内で開かれた。高橋はるみ知事や島田修JR北海道社長らが出席。高橋知事は「道民の皆さんには全道の鉄道網について深い関心を持ってもらいたい」と訴えた。

 フォーラムには約320人が参加。基調講演した岸邦宏北大大学院准教授は地方の移動手段として大多数がマイカーを利用している実態を強調。「鉄路維持に向けてはコストが掛かる。道民500万人が1人4000円分を追加して利用すればJRの運輸収入は200億円増加する」と述べた。公共交通の在り方についてはバスやタクシーを含めた「北海道版運輸連合」で一元管理することも提案した。

 パネルディスカッションでは島田社長が「安全な鉄道の維持には莫大(ばくだい)な資金が必要なことを理解してもらいたい。一方で利用促進や経費節減で支えてもらう仕組みとして、除雪や駅舎管理を住民に代わってもらうことなども考えたい」とし、地域とJRの役割分担について言及した。

 道観光振興機構の堰八義博会長は「来道観光客の移動手段は道外からの3割、外国からの5割が鉄道を利用している。観光面からも道内主要都市を網羅する鉄道網を維持することが大事だ」と述べた。

 高橋知事はJRの資金繰りの改善に対して国の支援を求めていく姿勢を改めて示した上で、道や市町村が役割分担して支援する方策を検討していることを強調。「道民の皆さんにはぜひ関心を持ってもらい、将来の交通ネットワークを守っていきたい」と呼び掛けた。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...