北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室工大と市立看護学生ボラ団体が障害児と冬レク楽しむ【室蘭】

冬レクで楽しんだボランティアメンバーと参加者=むろっぱーの武森副代表提供

 室蘭工業大学と市立室蘭看護専門学院の学生ボランティア団体「室蘭地区ホームヘルパーサークル」(愛称・むろっぱー、丹羽正貴代表)が、体に障害のある子どもたちを対象に、ゲームを取り入れた支援を行っている。「癒やし系サークル」を自称し、趣向を凝らした「遊び要素」を取り入れているのが特徴。子どもたちの成長を実感しながら、普段接することが少ない障害がある子どもたちとの時間は、学生たちの学びと喜びの場となっている。

子どもが大好き

 「これからお笑い芸人に扮(ふん)した学生が登場します!」。室蘭市天神町の総合福祉センターで17日に開かれたむろっぱーの冬レクリエーションの一幕。会場では、学生がテレビで人気の芸人を装い子どもたちと保護者の笑いを誘っていた。

 この日は学生や子ども、保護者ら40人が参加。クリスマスにちなみステンドグラス風の置物作り、手軽に取り組める「ハンドアーチェリー」などのゲームで盛り上がった。

 同サークルの武森紳悟副代表は「メンバー全員が『子どもが大好き』です。私たちが楽しんで笑顔になって取り組んでいると子どもたちも一緒に笑ってくれます」とやりがいを口にした。

始まりは30年前

 30年前に、同大と同専門学院、旧文化女子大学室蘭短期大学の学生らが取り組んだ、体に障害のある子どもたちの自宅訪問がサークルの始まり。その後、余暇支援を行うボランティアグループを創設し、施設訪問のほか、レク活動を取り入れ、年3回屋内外プログラムを実施している。

 毎回、アルバイトなどをやりくりし20~30人ほどの学生がボランティアとして参加。自ら「遊び」プログラムを考え、レクで使う箱などの小物も手作り。参加者がグループの輪に入って楽しめるよう工夫している。

 ただ、「サークル」のため、学校からの補助は出ず自費での準備となり「お金がかかります」(武森副代表)。活動室もないため他のサークルや部活部屋を間借りするなど「不自由さも感じている」(丹羽代表)という。

 室蘭肢体不自由児者父母の会の関係者は「学生が献身的に子どもたちに関わってくれ本当にありがたいです」と感謝する。

 丹羽代表は今後の活動について「歴史あるサークルなので『部活』に格上げして活動の幅を広げられるように取り組んでいきたい」と力を込めている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス