北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

カルルス温泉地区の地熱活用に向け検討始まる【登別】

カルルス温泉地区での地熱開発調査の必要性が示された説明会

 登別・カルルス温泉地区の旅館や源泉所有者の有志が、同地区の地熱開発の有効活用に向けた検討に入った。有志でつくるカルルス温泉地区地熱開発協議会(日野安信会長)を既に立ち上げており、天然資源の有効活用による発電、熱水を用いたハウス栽培などを視野に入れている。一方で既存の源泉への影響を懸念する意見も多くあることから、同協議会は関係団体などと意見交換して理解を求める考えだ。

 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が1981年(昭和56年)と87~89年に行った地熱開発促進調査で、カルルス地区の掘削深度千メートルで最高271・1度に達していることが明らかになっている。インフラの老朽化や担い手の減少など地域の課題が浮き彫りになっている中、同協議会では、地熱活用による売電収入を図るほか、発電施設から供給される熱水の2次利用も検討している。

 18日には市内で登別温泉の経営者らに説明会を開いた。同協議会の日野拓郎事務局長は地熱発電の必要性や過去の掘削調査の概要などを説明。カルルス温泉と登別温泉で異なる火山構造となっていることや、温泉成分分析により両温泉の起源が異なることなどを挙げて「登別温泉の源泉・温泉に影響を及ぼすことはないと考えられる」と理解を求めた。

 出席者からは、調査の進捗(しんちょく)状況を逐一発信するよう求めたほか、源泉への影響を危惧する意見が出た。「温泉は生命線。最悪な事態となることをどう考えるか」との意見に対し、日野事務局長は「影響が出る前に事業をストップする」と答えた。今後は登別国際観光コンベンション協会や登別温泉旅館組合とも協議を重ねて、地域資源調査の是非を判断する見通し。

 以前の調査から経年していることもあり、実際に事業を推進することになれば「現在の手法で改めて調査をする必要もある」とした。日野会長は「カルルスが何とか生き残る方策だと思っている」と話した。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...