北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ジャパンマイコンカーラリー道地区大会 伝統受け継ぎ10連覇-苫工機械工作研究部

10連覇の喜びをかみしめる部員たち

 苫小牧工業高校(高橋豪校長)の機械工作研究部が、コンピューターを搭載した模型自動車の走行タイムを競う「2017年度ジャパンマイコンカーラリー北海道地区大会」(9~10日、苫小牧市)の団体戦で優勝し、大会初の10連覇を達成した。上級クラスの個人成績でも上位5人を同部員が占める快挙を成し遂げた。優勝者らは来年1月に東京都内で開かれる全国大会に出場する。

 全長40~60センチほどの模型自動車がプログラムに従い、コース上の白線をセンサーで読み取りながら電池モーターで自走し、その速さを競うマイコンカーラリー。同校が会場となった、今年の第23回大会には全道15校から103台が集結し、直線カーブやS字カーブがあるコース上で熱戦を繰り広げた。

 10校がエントリーした上級者向けの「アドバンスクラス」は、学校ごとに登録したマシンのうち、成績上位3台の合計タイムにより順位を決める団体戦。全体の完走率が40%を切る中、37・68秒を記録し優勝した。2位には5秒以上の大差を付けた。

 37人が出場した同クラスの個人戦でも、部長の長澤隆太さん(3年)が優勝し2連覇、長井明宏さん(同)が準優勝し、2人は全国大会(来年1月6、7の両日、東京)への出場権を得た。

 長澤さんは「昨年の大会終了後から準備を始め、団体戦で全員完走し優勝できるよう全力を注いだ。全国大会では支えてくれた人たちに恩返ししたい」。長井さんも「たくさんの人の助力があった。全国でも実力を出し切り、良い走行データを後輩たちに持ち帰れたら」と抱負を語った。

 このほか、66人が出場した初心者向けの「ベーシッククラス」で、末吉冬馬さん(1年)が優勝し全国大会出場権を獲得。村田冬馬さん(同)も2位の好成績を収めた。

 マシンには、歴代部員たちのアイデアと創意工夫が蓄積されており、それを伝統として大切にしていることも同部の強さの秘密だ。長澤さんは「先輩から受け継いできたノウハウを、後輩が引き継いで高めていく。今、このマシンがあるのは先輩たちの努力の積み重ねのたまもの」と話す。

 顧問の石橋真治教諭は「豊富な知識を生かし、自分で考える力を持っている。それが強みになった」と生徒たちをねぎらった。

関連記事

日高報知新聞

中男73㌔以下は佐藤選手

 公益社団法人北海道柔道整復師会日胆ブロック主催の第33回日胆柔道スポーツ少年団交流大会兼第28回文部科学大臣杯争奪北整選抜少年柔道大会選考会(浦河柔道連盟主管)が14日、浦河町ファミリースポーツセンタ...

日高報知新聞

開幕日のレース楽しむ【浦河】

 17日に日高町の門別競馬場で開幕したホッカイドウ競馬を盛り上げる「応援ビアバーティーin・Aiba浦河」が同日夜、浦河町の浦河ウエリントンホテルで開かれた。この日は全道的に6月から夏並みに気温...

苫小牧民報

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

苫小牧民報

ワーカム北海道、独身寮再建へ 来年6月完成-むかわ

 いすゞ自動車は、胆振東部地震で被災したグループ会社「ワーカム北海道」(本社・むかわ町)の独身寮(むかわ町文京)を再建する。災害に備えて耐震性を高めて、非常用電源なども備えていく。災害時は住民に...

室蘭民報

市ふれあい市民農園オープン、農作業に心地よい汗【室蘭】

 室蘭市崎守町の市ふれあい市民農園が17日開園した。利用者は晴天の下、農作業に入り、心地よい汗を流していた。11月17日まで開園しており、2019年度は121人が申し込んだ。内訳は50平方メート...