北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「従業員みんなの力」

【新ひだか】道中は3、4番手につけると、直線では他馬を突き放して独走態勢に入り、2着に3馬身半差をつける圧勝で2歳牡馬チャンピオンに輝いたダノンプレミアム。無傷の3連勝でGⅠ制覇を果たした生産馬の快挙に、三石川上・ケイアイファームの中村祐子社長は「従業員みんなの力がなければできなかったこと。調教師や騎手にも感謝したい」と喜びをかみ締めた。

 同牧場は中村社長の夫でクラブ法人「ロードホースクラブ」代表の中村伊三美さんが昭和62年に開設。現在は従業員24人が繁殖牝馬54頭、育成・当歳馬約70頭を管理する中規模牧場。

 この日、伊三美さんと長男でゼネラルマネージャーの智幸さんは競馬場でレースを観戦。牧場では祐子社長が「とりあえず不利がないよう、自分の力をレースで発揮してくれたら」と見守っていたが、期待以上の走りに「泣けてきた。GⅠを勝つことはとても難しいこと」と、同牧場では平成25年12月にロードカナロアが香港スプリントを2連覇したとき以来4年ぶりのGⅠ制覇を実感。

 2歳春までダノンプレミアムを見てきた同牧場獣医師の加藤健さんは「とにかく体の出来が良くてパワフルな馬だった」と幼駒時代を振り返る。レースについては「乗りはじめたときから評価は高かったがここまで走るとは。まだまだ(能力の)底は見せていないので距離は伸びても大丈夫だと思う」と来年のクラシック戦線での活躍を期待している。

 レース後は、札幌へ出張中の酒井芳秀町長に代わり本庄康浩副町長や軽種馬関係者がお祝いに駆け付けた。伊三美さんの父・和夫さんが2日に亡くなったことから、GⅠ優勝恒例の万歳は見送ったが、ダノンプレミアムの勝利を祝福。本庄副町長は「別格で強かったので来年も楽しみ。町内生産馬の中央GⅠ制覇は久しぶりなのでみんな喜んでいる」と話していた。

ダノンプレミアムの勝利を祝して記念撮影の関係者

関連記事

日高報知新聞

中男73㌔以下は佐藤選手

 公益社団法人北海道柔道整復師会日胆ブロック主催の第33回日胆柔道スポーツ少年団交流大会兼第28回文部科学大臣杯争奪北整選抜少年柔道大会選考会(浦河柔道連盟主管)が14日、浦河町ファミリースポーツセンタ...

日高報知新聞

開幕日のレース楽しむ【浦河】

 17日に日高町の門別競馬場で開幕したホッカイドウ競馬を盛り上げる「応援ビアバーティーin・Aiba浦河」が同日夜、浦河町の浦河ウエリントンホテルで開かれた。この日は全道的に6月から夏並みに気温...

苫小牧民報

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

苫小牧民報

ワーカム北海道、独身寮再建へ 来年6月完成-むかわ

 いすゞ自動車は、胆振東部地震で被災したグループ会社「ワーカム北海道」(本社・むかわ町)の独身寮(むかわ町文京)を再建する。災害に備えて耐震性を高めて、非常用電源なども備えていく。災害時は住民に...

室蘭民報

市ふれあい市民農園オープン、農作業に心地よい汗【室蘭】

 室蘭市崎守町の市ふれあい市民農園が17日開園した。利用者は晴天の下、農作業に入り、心地よい汗を流していた。11月17日まで開園しており、2019年度は121人が申し込んだ。内訳は50平方メート...