北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

お笑い「とろサーモン」登場 しばれフェス【陸別】

 しばれフェスティバル実行委員会(委員長・坂東辰哉町商工会青年部長)は18日、町商工会で会合を開き、来年の第37回大会の概要を決めた。ステージでは、漫才の「M-1グランプリ」で優勝した「とろサーモン」が出演する。メインの「人間耐寒テスト」のほか、ワカサギ釣りコーナーが初登場、ピラミッド型の「アイスコールワット」も復活する。日程は2月3、4日。

PRポスターを手にする実行委の渡邊祐哉副委員長、坂東委員長、下山直人副委員長(右から)

 「日本一寒い町」を楽しむ、十勝を代表する冬のイベント。町ウエンベツイベント広場を会場に行われる。

 バルーンマンション(氷のかまくら、100基)で一夜を過ごす「人間耐寒テスト」の定員は300人(参加料4000円、抽選)で、既に倍の人数の応募があり、締め切られた。

 今回もメニューは“寒さづくし”。耐寒者カラオケ、耐寒者タオル回し選手権、バルーン作り体験、大抽選会、餅まき、ワックスボール作製、しばれ君とのじゃんけん大会など。

 会場には滑り台、巨大なかがり火「命の火」、しばれ湯、スノーラリーや乗馬体験、味覚のコーナーもずらり。「アイスコールワット」は階段状のピラミッドにキャンドルを飾る造形物で、十数年ぶりに復活する。ワカサギ釣りも計画され、現在、詳細を検討中だ。

 ステージでは「とろサーモン」や佐久間一行、「しろっぷ」らよしもとお笑いライブ、陸別小児童のヨサコイ、北海道発ご当地アイドル「フルーティー」、「宇宙戦隊キュウレンジャー」のショーを予定。

 坂東委員長は「既に出演が決まっていたとろサーモンが今月のM-1で優勝し、話題にもなり、集客に期待したい」と話していた。イベントへの問い合わせは実行委事務局(0156・27・3990)へ。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...