北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

栄養豊富なヘルシー麺開発へ ダッタンソバ生産者と連携-一休そば

ヘルシーな生そば麺の開発に挑む早川社長(左)と山崎工場長

 そば店の経営や製麺、開店プロデュースを手掛ける一休そばグループ(苫小牧市有明町)は、ダッタンソバを用いたヘルシーな生そばの開発を進めている。栄養豊富で食物繊維も多く、低糖質の健康志向麺で、オホーツク管内雄武町でソバを生産する農業生産法人神門と連携した取り組み。今月、国の農商工等連携事業計画に認定され、開発や販路開拓の支援を受けながら2018年春の商品化を目指す。

 ダッタンソバは血液の流れを良くする栄養成分ルチンが豊富に含まれているものの、苦みが強く、加工すると栄養成分が分解されてしまう難点がある。しかし、神門が品種改良した「満天きらり」は苦みがほとんど無く、加工しても栄養成分は失われない。

 健康志向の高まりを踏まえ、一休そばグループはそうした特徴を持つ「満天きらり」に着目。独自の工夫を加えることで通常の麺と比べて糖質が半分となり、ルチン含有量は100倍、食物繊維も豊富に含むヘルシーな生そば麺の開発に乗り出した。

 麺のつなぎに使用する糖質の多い小麦粉の量を大幅に減らすため、麺の太さや小麦粉の配合を少しずつ変えるなど、試行錯誤しながら開発を進めている。同グループの一休製麺の山崎陽平工場長(30)は「つなぎを減らしても、こしがあり、ソバの香りも引き立つおいしい麺にしたい」と意気込む。

 農商工等連携事業計画の認定により、国の補助金も活用しながら新商品開発と販路開拓にも取り組む。道立総合研究機構食品加工研究センター(江別市)から技術指導を受け、消費者ニーズを踏まえて試作品の改良を重ねていく。さらに日本食品分析センター千歳研究所(千歳市)で栄養成分を分析してもらい、「お墨付き」が得られれば、早ければ来春にも商品化する。

 新商品は直営店などで取り扱うほか、業務用として全国の飲食店に売り込む。同グループの早川陽介社長(41)は「より健康につながる新しいそばを提供することで、そば文化を苫小牧から全国に広めたい」と夢を描く。

 同グループは、一休そばと一休製麺で構成。1975年の創業で直営店は苫小牧市、千歳市、札幌市に計5店舗あり、グループの従業員は約90人に上る。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...