北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

シカ肉とフキの缶詰「秘境めし」商品化 浜田旅館【陸別】

1月から商品化されるシカ肉とフキの混ぜご飯の素

 陸別町内の浜田旅館(陸別37)が、混ぜご飯の素(もと)となるシカ肉とフキの缶詰「秘境めし」を商品化した。1月から道の駅オーロラタウン93りくべつ内の観光物産館などで販売され、新たな陸別の特産が1つ加わることになる。

 食材のシカ肉とフキは陸別産、ゴボウとニンジンは十勝産。しょうゆと砂糖、みりん、酒で煮立てた。ご飯に混ぜて味わい、1缶で米2合分を想定している。

 考案したのは、これまでもシカ肉を活用した弁当などを手掛けてきた浜田旅館の浜田正志料理長。同旅館では5、6年前から混ぜご飯用にシカ肉とフキを提供しており、客に好評だったことから商品化することにした。

 総量は1缶200グラム。ごろごろと入ったシカ肉に臭みはなく、フキとの相性も抜群。シンプルな味つけだが、混ぜたご飯と絡み合い、かむほどにうま味が増して箸が進む。

 シカ肉を使用した陸別の特産は「鹿ジャーキー」や「鹿カレー」など多様にあるが、混ぜご飯用としたアイデアは初めて。日本一寒い町の「秘境めし」と名付けた。

 浜田料理長は「どこにもないものを考えた。ご飯の素としては日本にここしかない。厳寒で育ったシカ肉のうま味だけを引き出した」と話す。同旅館で調理し、缶詰め作業は釧路の業者に依頼する。

 1缶600円(税別)。道の駅のほか、浜田旅館でも扱う。問い合わせは同旅館(0156・27・3175)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

カフェで酪農身近に 牧場産のスイーツ提供【広尾】

 広尾町内の酪農牧場「菊地ファーム」(野塚11線6ノ2、菊地亮太代表)に、カフェがオープンした。牧場産の生乳で作ったソフトクリームやジェラート、育てた牛の肉を使ったハンバーガーなどを提供し、酪農現...

十勝毎日新聞

十勝の肉丼食べ比べ 牛、豚、鶏…9種類に行列【清水】

 肉の祭典「十勝清水 肉・丼(どんぶり)まつり」(実行委主催)が16日、町有明公園で開かれた。地元産の十勝若牛や豚、鶏、羊などを使った9種類の丼が集結し、大勢の家族連れが食を堪能した。  肉...

十勝毎日新聞

縄文の味 そばシンポに 「対州」試食提供【新得】

 日本で最も早くそばが伝来した長崎県対馬産の「対州そば」が15日、新得町公民館で開かれる「そばシンポジウム-新得町からの発信」(しんとく新そば祭り実行委員会)で、来場者に試食用として振る舞われる...

十勝毎日新聞

全国から43店うまいもの集合 藤丸【帯広】

 「第69回全国うまいもの大会」が13日から藤丸7階催事場で始まった。第1弾は新規2店を含む43店が出店し、多くの買い物客でにぎわっている。18日まで。  同大会は年2回実施。胆振東部地震の影...

室蘭民報

温泉街に足運んで、風評克服へ多彩な試み【洞爺湖】

 胆振東部地震で被害がなかった洞爺湖温泉街の安全性をPRして観光客を呼び戻そうと、とうや湖温泉旅館組合(三浦和則組合長)は、風評被害対策のキャンペーンを相次いで企画した。今月末までの期間中、洞...