北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

上美生橋が開通 台風から1年4カ月【芽室】

台風災害から1年4カ月ぶりに復旧した上美生橋

 昨夏の台風で崩落して通行止めとなっていた芽室町内の道道清水大樹線の上美生橋が25日午前11時に開通し、地域住民らが1年4カ月ぶりの復旧を喜んだ。

 上美生橋は美生川の氾濫で橋脚が倒壊して落橋し、橋部分(70メートル)を含む330メートルの区間で道道の通行止めが続いていた。道は損壊した橋を解体し、今年3月から新しい橋の架け替え工事を行っていた。

 通行止めにより、目的地までの迂回(うかい)を余儀なくされていた地域住民にとっては待ちわびた開通で、通行止め解除と同時に、両方向から数台の車両が連なって橋を渡った。

 橋のすぐ近くにある鈴木鉄工社長の鈴木吉太郎さん(75)は「(通行止めは)本当に不便だった。仕事で中札内や更別に行く用事もあり、迂回路だと7~8キロ遠かった。復旧は喜ばしい」と歓迎。

 町総務課の石田哲参事は「地域住民にとって必要不可欠な道路であり、短期間で工事を完成させてくれた道や施工業者の皆さんに感謝したい」と話した。

関連記事

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

十勝毎日新聞

初のロゼ・スパークリングワイン 十勝レガーロ【清水】

 清水町産ブドウを使ったワイン「さねんころ」を製造する十勝レガーロ合同会社(御影基線29)が、初めてロゼのスパークリングを醸造した。25日から同社で販売する。  前身の清水ワイン研究会が20...