北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

羽幌で凧展 正月ムードを演出

 

羽幌町中央公民館1階ロビーで始まった日本の凧展

 この時期恒例の「日本の凧(たこ)展」が、26日から羽幌町中央公民館1階ロビーで始まった。大凧や連凧、雀凧などさまざまな和凧が展示され、正月ムードを演出している。

 町教育委員会と町文化協会が苫前町の和凧収集家、能登忠さん(68)の協力を得て正月を前に毎年行っている事業。能登さんの約1600点のコレクションの中から厳選し、東京や青森、石川、新潟などの和凧約70点を展示。今年は例年に比べて20点ほど多い。

 勇壮な武者絵、役者絵、七福神や鍾馗(しょうき)、家紋、ダルマなどが描かれた六角形や長方形、丸形、初お目見えでその形状から雀凧といわれる和凧などが、ロビーの壁一面を覆うように展示されているほか、天井からはムカデの連凧なども吊り下げられ、正月ムードを華やかに演出。来館者は6畳や8畳にもなる大凧などに見入り、日本伝統の和凧の風情を楽しんでいる。

 展示は1月11日まで。展示期間中の7日の成人式には例年、新成人たちが迫力ある和凧をバックに記念写真を撮る光景が見られ、来年の成人式でも若者たちの思い出づくりにひと役買いそうだ。

関連記事

室蘭民報

おとなのかるた大会で木札に集中し熱戦【洞爺湖町】

 新春・おとなのかるた交流大会が14日、洞爺湖町高砂のあぶた体育館であった。参加者9人が木札に集中し、熱戦を繰り広げた。  洞爺湖スポーツクラブ(青木佐智子会長)が主催し2014年(平成26...

室蘭民報

ひな人形がずらり、室蘭市内の大型店などで販売本格化【室蘭】

 室蘭市内の大型店などで、ひな人形の販売が本格化した。店頭には赤やピンク色のかわいらしいおひなさまがずらりと並び、まな娘の成長を願う両親や祖父母が好みの商品を探し求めている。  イオン室蘭店...

函館新聞

函館マラソン、エントリー2月19日開始 宿問題解消へ宿泊予約あっせん【函..

 函館市教委は16日、フル・ハーフ同時開催となって3回目の「2018函館マラソン」(7月1日、市千代台公園陸上競技場発着)について、2月19日にエントリー受け付けを開始することを明らかにした。昨...

函館新聞

「焼きピロシキ」好評 各店独自に工夫、味めぐりするファンも【函館】

 はこだて雇用創造推進協議会(会長・谷口諭函館市経済部長)が開発し、市内の6事業者が昨年12月に販売した「はこだて焼きピロシキ」が好評だ。一定のルールを基にロシア風のパンの中に各店がオリジナルの...

釧路新聞

野生動物飾る光の演出/釧路空港

 たんちょう釧路空港を利用する観光客を歓迎しようと、16日から釧路空港ターミナルビル正面のモニュメント一帯が発光ダイオード(LED)イルミネーションの彩りに包まれている。釧路空港利用整備促進期成...