北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

スケートリンク作り 雪少なく四苦八苦-千歳・恵庭

急ピッチでリンクを造成する作業員ら=千歳市の青空公園スケート場

 千歳、恵庭両市のスケートリンクづくりが苦戦している。例年と比べて雪が少ないのに加え、12月に入り季節外れの雨もあったことが原因。両市のスケート場はいずれも年明けにずれ込む予定だが、関係者は「一日も早くオープンできるよう準備している」と全力で作業を進めている。

 現時点のオープン目標は、恵庭市牧場の市民スケート場、同南島松の島松スケート場が来年1月4日、千歳市あずさの青空公園スケート場が同5日。両市ともに12月に入ってからリンクづくりを進めてきたが、季節外れの暖気による11日の雨で、作業が振り出しに戻った。同日以降はまとまった降雪もなく、リンクづくりが進まないのが現状だ。

 リンクは雪をローラーなどで圧力をかけて押し固めた上、水まきを何度も繰り返して凍らせていくため、天候や気温に大きく左右される。両市のリンクオープン時期は年内が目標だが、2012年度の12月下旬を最後に、13年度以降は1月上~中旬が続いている。暖冬や少雪で遅れるケースが多いが、16年度のように大雪で作業がずれ込むケースもある。

 両市ともに早期オープンを目指し、管理団体が総出で作業している。千歳市体育協会の前田好通施設長は「雪が降って、踏んで、を繰り返すので、20センチは積もっていないと」と説明しつつ、「『雪がないから』と黙って見ていても始まらない。雪がなくても水をまき始めたい」と26日から作業を本格化している。

 恵庭市の嘉屋秀樹健康スポーツ課長も「凍っていたリンクに雨が降ったので氷が浮いた」と嘆き、「市民からも『滑りたい』と問い合わせもきている。何とか早くオープンしたいが、正月も気温は高めの予報で、作業が遅れる可能性もある」とやきもき。千歳は体育協会、恵庭は市のホームページでそれぞれ開設情報を周知している。

 いずれのリンクも利用は無料。

 問い合わせは、千歳は市体育協会 電話0123(24)2100、恵庭は1月以降に各リンクで、市民スケート場 電話0123(33)3266、島松スケート場 電話0123(36)2213。

関連記事

日高報知新聞

森林資源の有効活用【様似】

【様似】日高地区「森林・林業・林産業活性化を促進するための連絡会議」(賀集繁喜会長)主催の特別講演会が14日、町立様似図書館視聴覚ホールで開かれ、林野庁北海道森林管理局の新島俊哉局長が貴重な再生資源...

日高報知新聞

営農状況を現地調査【新ひだか・新冠】

【新ひだか・新冠】日高振興局の松浦英則局長による管内農業情勢現地調査が15日、新ひだか、新冠両町で行われ、ピーマン、ミニトマト、肉牛の選果場や生産農家を回り、現地の状況を確認した。  今年2月の大...

苫小牧民報

麻酔科医1人増で2人に 千歳市民病院、医師数過去最多39人

 市立千歳市民病院(190床)の麻酔科医が7月に1人増員され、3年ぶりに2人となる見通しだ。同病院では昨年以降、内科や外科で3人の医師が入職しており、病院全体の医師数は39人と過去最多になる。同...

苫小牧民報

豪華な飾りや塗装 苫小牧でデコトラ展示、募金イベント

 電飾やペイントなどで派手に装飾したデコレーショントラック(デコトラ)を全国から集めたチャリティーイベントが17日、苫小牧市若草町の中央公園で行われた。道内のデコトラ愛好家でつくる、北海道はまな...

釧路新聞

自然の驚異を堪能/砂岩脈「春採太郎」観察会【釧路】

 釧路市天然記念物に指定されているが、なかなか目にすることができない興津海岸の砂岩脈の観察会が16日、同海岸で行われた。根室高校の科学部が初めて参加したのをはじめ10人が参加し、流れ着いた昆布が...