北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

管内漁業生産 主要魚種不振で2割近い減に【根室】

不漁となったサンマ漁の水揚げ(10月、花咲港で)

 根室振興局水産課は平成29年の漁業生産状況をまとめた。全魚種の合計数量は10万6,999トン、金額は427億5,788万3,000円で、前年比数量、金額ともに下回った。

 まとめは、平成29年の1月から11月までの集計値(概数)に、平成28年12月の集計値(概数)を加算したもので、平成28年、29年ともに確定値ではない。

 これによると、全魚種の合計数量は10万6,999トンで前年比18パーセント下回り、金額は427億5,788万3,000円で同16パーセント下回った。

 魚種別ではサケが前年比57パーセント減の7,354トン、金額が同28パーセント減の83億7,011万9,000円、サンマが同25パーセント減の2万8,062トン、金額が同3パーセント減の94億9,135万3,000円、ホタテが同14パーセント減の2万7,478トン、金額が同27パーセント減の91億5,077万円などとなっている。

 秋サケ定置網漁は9月に発生した台風によりサケ定置網に被害があり、操業中止に追い込まれた漁業者がいたほか、漁終了までサケの来遊が低迷し、親魚確保のため各地区で自主的に網を早期に撤去した。最終的に数量は前年比58パーセント減の6,716トンと、記録的な不漁となった。金額は全道的な品薄感から高騰した昨年のキロ当たりの単価675円を上回る1,099円となったが、前年比31パーセント減の73億8,300万円となった。

 また、サンマ棒受け網漁は全国的に過去最低水準の水揚げ数量となり、8年連続でサンマの水揚げ日本一となる見込みの花咲港の数量も2万7,225トンと、前年比23パーセント減。金額は全国的に水揚げが減少した影響で単価が前年比30パーセント増の343円と高騰したため、前年とほぼ同額の93億2,400万円となった。

 さらに、コンブは6月から始まった貝殻島周辺海域でのコンブ漁が、着生不良で例年より操業開始が遅れ、流氷被害により品質・数量が低下。7月から始まった根室地区の前浜コンブも同様に着生不良や天候不順の影響で生産量は伸びず、前年比27パーセント減の2,087トン、金額も33億300万円と前年を19パーセント下回った。

関連記事

日高報知新聞

感謝の〝あんもち”【えりも】

【えりも】町郷土資料館N42度の会(新松隆会長)は8日、会の活動を支援・協力する個人や企業に感謝の気持ちを届けようと、同館で会員ら22人がもちつきに励んだ。  N42度の会は、郷土資料館の事業支援団体...

日高報知新聞

元気をあげに行こう?

【新冠】市民劇団ど・こ~れ新冠の第21回定期公演「田舎の子どもたちに元気をあげに行こう?」が8日夜、レ・コード館で開かれ、会場に詰めかけた500人の観客が子どもたちの熱演に大きな拍手を送った。  ...

苫小牧民報

JR日高線の橋梁、地震で損傷 復旧の場合は工期2年、費用5億円-富川―日高..

 JR北海道の島田修社長は12日の定例会見で、高波被害で不通が続く日高線鵡川―様似間のうち、富川―日高門別間に架かる「沙流川橋梁(きょうりょう)」(日高町)が9月の胆振東部地震で被災し、復旧する場...

苫小牧民報

千歳市消防本部で救急翻訳アプリ導入 15言語で病状など聞き取り

 増加するインバウンド(訪日外国人旅行者)への対応を充実させるため千歳市消防本部は救急隊用の多言語翻訳スマートフォンアプリ「救急ボイストラ」を導入した。消防署支笏湖温泉出張所(宮平史郎所長)は同...

十勝毎日新聞

クマさん冬眠準備 ベア・マウンテン【新得】

 クマさんも“仕事納め”-。サホロリゾート内の「ベア・マウンテン」(新得町狩勝高原、佐々木和好園長)で、飼育されているヒグマ全12頭の冬眠に入る準備が整った。  直前の10月後半から約1カ月間は...