北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

晴れ祈り準備「納沙布岬初日詣」【根室】

2年連続で初日の出を拝むことができた今年の初日詣

 第38回納沙布岬初日詣が元日の午前5時から行われる。根室市と根室市観光協会(小林茂会長)が主催するもので、当日はコーヒーなど温かい飲み物を無料提供するほか、てっぽう汁を1杯200円で販売。縁起物として勇壮なねむろ太鼓を披露し、初日の出を待つ。ここ2年連続でご来光を拝むことができているが、今年は近付くにつれ天気予報が悪い方に変わって、28日現在、元日は「曇り時々雪か雨」の予報が出ており、関係者をやきもきさせている。

 納沙布岬は北緯43度23分7秒、東経145度49分1秒の根室半島の最東端に位置し、本土では「最も早く、初日の出が見られる」と人気のスポットで、当日は市外から多くの初日詣客でにぎわう。

 納沙布岬初日詣は、いまだ返らぬ北方領土の島影を太平洋に映しながら昇る初日の出を拝み、新年とともに北方領土の早期返還を願うことを目的に、昭和54年から開かれているもので、市と市観光協会が主催し、「初日の出」を待つ間、温かい飲み物などで初日詣客を迎えている。

 38回目となる今年も、元日の午前5時から北方領土資料館(旧観光物産センター)を開館し、コーヒーやお茶などを無料提供するほか、根室特産で新鮮なハナサキガニを使ったてっぽう汁を1杯200円で販売。また、「初日の出」を待つ間、縁起物で勇壮な「ねむろ太鼓」を披露(午前6時20分から)し、新しい年の始まりを祝う。

 28年は水平線に雲がかかり、10分遅れとなったが3年ぶりに日の出を拝むことができ、今年も好天の中、水平線からゆっくり昇るご来光を2,700人の来場者が願い事をしながら見守った。元日の日の出時刻は、国立天文台の調べによると午前6時49分。同協会では「週間天気予報で晴れのち曇りだったのが、曇り時々雪か雨に変わったので少し心配」と顔を曇らせている。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...