北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ずっしり、つやつや鏡餅 大福亭【帯広】

早朝から行われる鏡餅作り(帯広市内の大福亭弥生通り店)

 帯広市内の大福亭弥生通り店(西3南29、國重敏教店主)では、湯気が立つつきたての餅を職人が手際よく鏡餅に仕上げている。

 新年向けの餅作りは27日に始まり、30日は午前3時から作業開始。餅つき器で国産もち米をつき、國重店主(58)は「熱いうちに仕上げないとつやが出ない」と、熱々の餅に手を赤くしながらも手際よくきれいな円形に丸めていた。

 30日が最も忙しく、約250キロをついた他、切り餅も仕上げる。鏡餅の大きさは1合(直径6センチ、324円)から7升(同36センチ、2万2680円)まで。國重店主は「手作りの鏡餅は重みがしっかり感じられるところがいい。供え物として飾った後はおいしく食べて」と話す。

 食卓用の切り餅は、通年販売の白と豆の2種類に、年末年始用にエビやくるみなど7種類(10枚入り。白755円、他は865円)を追加する。同店の31日の営業は、午前10時から午後3時まで。

関連記事

日高報知新聞

俵かつぎや歌謡ショー【新冠】

【新冠】新冠の夏を盛り上げる「第22回にいかっぷふるさと祭り」(実行委主催)が14、15の両日、JR新冠駅前広場などを会場に開かれた。2日間で前年より1000人多い1万5000人(主催者発表)が来場し、...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河・様似】

 平成29年の販売額が4億円と全国一の生産量を誇る夏イチゴを住民にアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチ...

苫小牧民報

「むかわ竜」使用中止を竹中町長に要請書 化石発見地・穂別地区で名称変更の..

 むかわ町穂別地区で発掘され、日本の恐竜研究史上で最大級の発見とされるハドロサウルス科恐竜の全身骨格化石の通称「むかわ竜」について、道内外各地の旧穂別町出身者でつくる「町外から化石の里ほべつを応...

苫小牧民報

北朝鮮の木造船を解体処理 補助事業活用は道内初―苫小牧市

 昨年5月に苫小牧沖で漂流する北朝鮮籍の木造船が見つかり、苫小牧市が苫小牧港・西港区の南埠頭(ふとう)付近で保管していた同船の解体作業が18日午前に行われた。市の依頼を受けた苫小牧清掃社の社員2...

十勝毎日新聞

貸自転車の利用2割増 駅新バス待合所開業で【帯広】

 JR帯広駅前で貸し出されているレンタサイクルの利用が好調だ。5月に駅前の待合所「バスターミナルおびくる」がオープンして以降、利用者が急増。観光案内の機能も持ち合わせる施設で貸し出しを行うことで、...