北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

初日の出は人気の襟裳岬へ

【えりも】太平洋沿岸屈指の初日の出観光人気スポット襟裳岬には、例年道央や十勝方面から大勢の参拝観光客が訪れる。今年は約1300人が展望台や岬突端を埋め尽くし、寒さに耐えながら東方の水平線に目を凝らしたが、午前7時を過ぎても初日を拝めず観光客を落胆させた。

 新年元旦の天気は、室蘭地方気象台の予報では、日高・胆振沿岸は「曇りのち雪」とのことだが、町では例年通りの観光客が詰め掛けると予測している。

 初日の出予想時刻は午前6時53分。2年前までは、襟裳岬駐車場周辺で臨時交通規制が敷かれていたが、現在は乗り入れ車両数の減少で交通渋滞が無いことから、元旦規制は撤廃している。

 駐車場へは警察官と町交通安全指導員ら15人ほどで誘導。一旦駐車場入りした車両は、7時過ぎまでスムースな移動が困難になる場合がある。公衆トイレは風の館入り口右手の駐車場付近にある。

 元旦は休館中の襟裳岬・風の館が午前5時から8時まで臨時開館し、入場者にコーヒーなどホットドリンクを無料サービスする。入館料は大人300円、子ども200円、幼児は無料。岬駐車場の観光センターは、午前4時に臨時開店し、食事と土産品を購入できる。

 風の館屋上の襟裳岬展望台からは、晴天であれば360度見渡せる絶景で、東方水平線から昇る初日の出に大勢が歓声を上げ手を合わせて、新年を迎えた喜びに浸っている。薄紅色に染まる背後の豊似岳連山の稜線と、白銀が眩しい北西のアポイ岳の勇姿も見事である。

関連記事

十勝毎日新聞

冬遊び 親子歓声 エコパで冬まつり【音更】

 道立十勝エコロジーパーク(町十勝川温泉南18)で20日、「エコパ冬まつり」(ウインターフェスinエコパ実行委員会主催)が開かれた。町内外から大勢の家族連れらが訪れ、冬ならではのアトラクション...

十勝毎日新聞

モール温泉号 利用3倍 地震の影響ばん回【音更】

 音更町十勝川温泉観光協会(林文昭会長)が運行する無料送迎バス「モール温泉号」の今年度の利用者総数が、昨年度実績(340人、683泊)の3倍以上となる1030人、2055泊に上った。町と同協会が実...

十勝毎日新聞

沖縄から「春の便り」 空港に「琉球寒緋桜」【帯広】

 とかち帯広空港に一足早い春が訪れた-。日本航空(JAL)1階チェックインカウンター前に、日本で最も開花が早い沖縄県本部町(もとぶちょう)の桜の花が飾られ、利用客の目を引いている。  JAL...

函館新聞

函館空港に沖縄からのサクラがお目見え 2、3日中が見頃【函館】

 沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」が、今年も函館空港内の日本航空(JAL)搭乗手続きカウンターにお目見えした。雪に染まる函館に春を匂わせる便りが...

函館新聞

オスカ商会の梶原弘美さん ギフトラッピング講師の資格取得【函館】

 ギフト専門店「オスカ商会」(函館市万代町)の専務取締役、梶原弘美さん(47)が、全日本ギフト用品協会(本部・東京)が認定する「ギフト・ラッピング認定講師」の資格を取得した。ギフト・ラッピ...