北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

初日の出は人気の襟裳岬へ

【えりも】太平洋沿岸屈指の初日の出観光人気スポット襟裳岬には、例年道央や十勝方面から大勢の参拝観光客が訪れる。今年は約1300人が展望台や岬突端を埋め尽くし、寒さに耐えながら東方の水平線に目を凝らしたが、午前7時を過ぎても初日を拝めず観光客を落胆させた。

 新年元旦の天気は、室蘭地方気象台の予報では、日高・胆振沿岸は「曇りのち雪」とのことだが、町では例年通りの観光客が詰め掛けると予測している。

 初日の出予想時刻は午前6時53分。2年前までは、襟裳岬駐車場周辺で臨時交通規制が敷かれていたが、現在は乗り入れ車両数の減少で交通渋滞が無いことから、元旦規制は撤廃している。

 駐車場へは警察官と町交通安全指導員ら15人ほどで誘導。一旦駐車場入りした車両は、7時過ぎまでスムースな移動が困難になる場合がある。公衆トイレは風の館入り口右手の駐車場付近にある。

 元旦は休館中の襟裳岬・風の館が午前5時から8時まで臨時開館し、入場者にコーヒーなどホットドリンクを無料サービスする。入館料は大人300円、子ども200円、幼児は無料。岬駐車場の観光センターは、午前4時に臨時開店し、食事と土産品を購入できる。

 風の館屋上の襟裳岬展望台からは、晴天であれば360度見渡せる絶景で、東方水平線から昇る初日の出に大勢が歓声を上げ手を合わせて、新年を迎えた喜びに浸っている。薄紅色に染まる背後の豊似岳連山の稜線と、白銀が眩しい北西のアポイ岳の勇姿も見事である。

関連記事

室蘭民報

「紋鼈寺」で隣接の会館焼く、けが人なし【伊達】

 13日午後1時ごろ、伊達市末永町の紋鼈寺(奥田正教住職)に隣接する鉄骨造り2階建て、延べ約960平方メートルの同寺会館2階から出火した。火は1時間45分ほどで鎮火した。けが人や延焼はなかった...

室蘭民報

空手・修武會の4人が全道で大活躍【室蘭】

 室蘭空手道連盟・修武會(樋口昭仁代表)の4 選手が、北海道空手道選手権大会極カップ第20回記念大会で上位入賞した。  初出場の石川天晟(室蘭工業大建築社会基盤系学科1年)は一般初・中級でい...

室蘭民報

楽天社員がネットショップで成功する戦略紹介【室蘭】

 日本政策金融公庫創立10周年記念セミナーwith室蘭商工会議所「ネットショップを成功に導く3つのポイント」が13日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれ、楽天(東京)の奥村宏也ヴァイスマネージャ...

室蘭民報

緑丘高1年生が会社経営の卒業生らに取材【伊達】

 伊達緑丘高校(桑井美彦校長)の1年生約140人が、インタビューの手法を用いて、まちの価値や魅力を形作っている人々の存在に迫るワークショップに臨んだ。社会の第一線で活躍する卒業生らに取材し、印...

室蘭民報

幌別川にハクチョウ飛来、水面をすいすい【登別】

 登別・胆振幌別川に今年も越冬でシベリアからハクチョウが飛来している。例年と同じ10月下旬から訪れており、市民らに本格的な冬の訪れを告げている。同河川では、オオハクチョウとコハクチョウが十数羽...