北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

初日の出は人気の襟裳岬へ

【えりも】太平洋沿岸屈指の初日の出観光人気スポット襟裳岬には、例年道央や十勝方面から大勢の参拝観光客が訪れる。今年は約1300人が展望台や岬突端を埋め尽くし、寒さに耐えながら東方の水平線に目を凝らしたが、午前7時を過ぎても初日を拝めず観光客を落胆させた。

 新年元旦の天気は、室蘭地方気象台の予報では、日高・胆振沿岸は「曇りのち雪」とのことだが、町では例年通りの観光客が詰め掛けると予測している。

 初日の出予想時刻は午前6時53分。2年前までは、襟裳岬駐車場周辺で臨時交通規制が敷かれていたが、現在は乗り入れ車両数の減少で交通渋滞が無いことから、元旦規制は撤廃している。

 駐車場へは警察官と町交通安全指導員ら15人ほどで誘導。一旦駐車場入りした車両は、7時過ぎまでスムースな移動が困難になる場合がある。公衆トイレは風の館入り口右手の駐車場付近にある。

 元旦は休館中の襟裳岬・風の館が午前5時から8時まで臨時開館し、入場者にコーヒーなどホットドリンクを無料サービスする。入館料は大人300円、子ども200円、幼児は無料。岬駐車場の観光センターは、午前4時に臨時開店し、食事と土産品を購入できる。

 風の館屋上の襟裳岬展望台からは、晴天であれば360度見渡せる絶景で、東方水平線から昇る初日の出に大勢が歓声を上げ手を合わせて、新年を迎えた喜びに浸っている。薄紅色に染まる背後の豊似岳連山の稜線と、白銀が眩しい北西のアポイ岳の勇姿も見事である。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...